チェルシーvsリバプール

チェルシーvsリバプール
いやぁ こんなにもリバプールが頼もしく感じられたのは記憶にないですよ
シャビ・アロンソの先制ゴールはラッキーであったことは間違いないですが、その後の試合運びは、やれるもんならやってみろとチェルシーを上から目線で見ていられるくらい、自信を持って守りきれる雰囲気がありました。
チェルシーがあんなに攻めあぐねて途方に暮れている様は、あまり見ることはできないですもんね。
試合前のフェリポンベニテスに対して余裕の態度で、この試合を楽しみにしていたかのコメントもしてたようですが、少し見くびっていたような気もしないでもありません。

両チームのFWはドログバ、トーレスを怪我で欠き、ワントップのキーン、アネルカは共に存在感が無かったことは共通してました。
しかし中盤はバラック、Jコールを欠くチェルシーに対して、リバプールのジェラード、アロンソマスチェラーノは、貫禄と献身性を兼ね備えたどこのクラブもマネの出来ない、レベルの高さがあったと思います。
やっぱりシャビ・アロンソは絶対に放出しちゃぁダメです!!!!
惜しかったツェフが逆にしか動けなかったFKは、先制点のラッキーさと相殺しても、この日1ゴールを奪うに値するものでした。

チェルシーは途中交代で出てきた控えの選手が、選手層のこれでもかという厚さがある印象からは程遠いメンバーが投入されたのは拍子抜けでした。
あとはアシュリー・コールの腹立たしいダーティさは相変わらずだなぁと思いました。
彼は嫌いです。

久々に熱くなり、そして体の中の悪いモノが抜けたかのようにスカッとさせてくれた内容、結果の試合でした。
今シーズンこそ リバプールを応援してて良かったと思わせてくれることを期待してしまいます。



今週はミッドウィークにもプレミアがありますが、リバプールはレドナップの去ったポーツマスとクラウチダービー。
ポーツマスの新監督にはアラダイスの名前も挙がってるようですが、アダムスのまま行くのかもしれませんね。
そしてチェルシーは脅威の好調さを持続する昇格クラブ ハルシティとアウェイで対戦です。
ハルに頑張ってもらって、6ポイント差を付けての折り返しなんてことになるとラッキーなんですけどねぇ
そんなに上手くはいかないな・・

スパーズはラモスが居なくなったとたん、レドナップで勝利・・・・
そんなもんですかねぇ
そういえば、ファンデ・ラモス関係の投稿にファンデーションに関するTBが飛んできてるのに笑いました。
そこまでこじつけるのかよ
[PR]

by beckham306 | 2008-10-27 22:08 | 欧州各国リーグ戦