リバプール今期初黒星

スパーズvsリバプール
朝起きて試合結果をチェックして、いつか来るべきものがきたかぁって感想。
その後もこの試合はYoutubeでしか観てませんが、あれだけのメンバーを揃えたスパーズに負けることがあっても何ら驚くことはないのですよね。今シーズンの彼らの順位だけが勝ち点を取れなかったことに損した気分にさせられるだけで・・・
この試合で気になってたのはロビー・キーンに対するスパーズサポの反応とキーンが平常心でプレーできるかどうかでしたが、悪い意味で影響無しだったですかね?
パブリチェンコが勝ち越しゴールを決めた後の態度は、喜びを表す方法すら忘れていたかのような不慣れな喜びようだったのは印象的でした。

急に結果が出てきたことはレドナップが何かをしたとは思えないのですが、ラモスが英語を話せなかったことに較べて、直接コミュニケーションが取れることは大きな差だという記事を見ましたが、気持ちの切り替えのきっかけなんてちょっとしたことなんでしょうね・・・
そもそもあんな位置にいることがおかしいので、頑張って浮上して下さい。
リバプールは、チェルシーがサンダーランドをボコボコにしたので首位陥落です。
今週のCLアトレティコ戦からトーレスが復帰だそうですので、トーレス抜きでここまでの成績は上々と考えるべきではないでしょうか?


マンUvsハル・シティ
この試合は観てました。
4-3でハルは負けた訳ですが、オールドトラッフォードで3ゴールぶち込める昇格クラブなんて有り得ないですよね。
終ってみれば先制点をあっさり許したのがあまりにも勿体無かったです。
その後の試合内容はDF陣がイマイチで、Cロナ、ベルバドフ、ルーニー、ナニ、アンデルソンにこれでもかlと掻き回されてましたが、全体的にビビッてる風ではなく互角に戦ってましたし、今の順位は何ら不思議ではないことを実感しました。


ストーク・シティvsアーセナル
もうひとつの恐ろしい昇格クラブ ストークシティですが、こちらはここまで内容ほど結果が伴ってないのですが、アーセナル相手に売り物の飛び道具が的中しました。
2-1で勝利した2点共デラップのフリースローを巨人揃いのメンバーが頭で合わせたゴールです。
手で投げたボールが最もゴールチャンスになるってのもなんだかなぁぁって思いますけど、あれだけ判りやすいのにアーセナルが2点も取られちゃうんですから凄いですよね。
アーセナルはウォルコットが負傷するなど踏んだり蹴ったりだったようです。
[PR]

by beckham306 | 2008-11-02 20:44 | 欧州各国リーグ戦