ボルトンvsリバプール 他

ボルトンvsリバプール
アラダイスが去ってからのボルトンは、何かやってくれそうな雰囲気も怖さ薄れてしまった気がします。実際には、そんなに中身は変わってないんですけどね。
そんなこんなで おかえりなさいサミー・リー(笑)な対戦カードですが、それよりも新鮮だったのは、後半終わり間際で出てきたスモラレクの存在と、かなり昔からいたと記憶しているガードナーの一人芝居ぶりですかね。
エビ・スモラレクは、ポーランド代表での毎度の活躍の割には、クラブではというと地味な世渡りが続いていると思います。
ボルトンに移籍していたことも、途中交代で出てきて思い出したくらいです。
もう少し活躍できる選手だと思うんですけど、やっぱりブンデスが合ってるんでしょうか?
ガードナーは中田ヒデが居るときもその前もボルトンに居ましたよね。
フィニッシュ以外は、素晴らしい働きでした。
フィニッシュも伴えば、リバプールはこの試合もしかしたら勝てなかったかも知れませんね。

リバプールは、結果こそ0-2快勝で云うこと無しなんですが、やっと復調してきたかのように見えたロビー・キーンが本格的に岐路に立たされることになった試合だとも思えました。
トーレスが入ってからの流れるような展開を見てしますと、キーンがいかに血の流れを止めてるかが判ってしまいますよね。
ジェラードの露骨な喜びようは、キーンでストレスが溜まっていたのがすっきりしたように見えますもん・・・
でもトーレスは別格ですね 凄いや
キーンは、これで再び深い自己嫌悪に陥るかもしれないなぁ

アッガーの歯が折れたのは、自爆ではなく後ろからボルトンの選手の足があたったせいだと思いますが、本当の歯が吹っ飛べばあんなことでは済まないような気がしますので、あれは差し歯ですかね?


その他昨夜のプレミアの結果は、
マンUvsデラップのスローインは、スローインの出る幕無く、ストークシティの完敗。
アーセナルはヴィラに負けてしまいました。先週のマンUに勝利したことが無になってしまいましたね。
チェルシーはWBAに順当勝ちです。

チェルシーとリバプールが勝ち点で併走して3位がマンUになりました。
下位は勝ち点4差に11位から20位までがひしめく超団子状態です。



カーリング杯準々決勝組み合わせ
プレミア同士の対戦は1試合だけです。

マンUvsブラックバーン
トッテナムvsワトフォード(2部)
ストーク・シティvsダービー(2部)
アーセナルvsバーンリー(2部)



ベッカム招集されず!
19日のイングランドvsドイツの親善試合のメンバーにベッカムは招集されませんでした。
理由はMLS終了後プレーしていないことだそうで、12月末にミランに合流するまでは呼んでもらえないことになりそうです。

もっとも今一番良い状態の選手を集めるのが本来代表でしょうから、プレーしていないでコンディションがベストではない選手を呼ばないのはカペッロとしては当然なんでしょうけどね。
呼んで欲しければ早く欧州でプレーしろよってことでしょうか・・・
ちなみにベッカムは代表キャップ最多にあと2試合に迫っています。
[PR]

by beckham306 | 2008-11-16 20:14 | 欧州各国リーグ戦