今週行なわれた親善試合や予選のお話

オーストラリア戦のあった日の各国親善試合の注目カードでは欧州王者スぺインとユーロ予選落ちのイングランドという、ビッグネーム対決の割りに格差のある対戦は王者スペインが2-0で勝ってますね。
トーレスが怪我をすることが心配でしたが無事でした。
そしてベッカムは108キャップ達成で歴代2位なんだそうです。
そのベッカムのミラン移籍話は、MLS開幕の関係からギャラクシー的には今週中にそれなりのオファを提示すれば応じるとしており一両日中に何らかの発表があると思われます。

ブラジルはロビーニョの個人技炸裂でイタリアを破り、アルゼンチンはマルセイユでフランスと対戦しメッシのゴール等でドメネクをブーイングの嵐に導いたらしいです。
ドイツがノルウェーが0-1で負けてるのが地味ながら目を引きます。

W杯予選では、アイルランドがグルジアにロビー・キーンの2ゴールで勝利しています。
北中米の最終予選ではメキシコはアメリカに2-0で負けるというエリクソンの解任の噂も無理からぬ結果となっています。
6カ国中3カ国はストレートインで4位が南米の5位?6位?とプレーオフですが、今の状況ではエリクソンに、プレミアを初めとするクラブの監督就任の噂は出てきても仕方がありません。
[PR]

by beckham306 | 2009-02-14 00:29 | 各国代表