マンCの次期監督第一希望はベンゲル

マンCの次期監督第一候補はベンゲル
マンCのオーナーは結果の出せないマーク・ヒューズに見切りをつけて、次期監督を物色してるという記事がありますが、その次期監督第一希望はベンゲル!だそうです。
まぁ難しいでしょうね・・
ちなみにセスクはベンゲルが去れば、ア-セナルを離れると公言してますが、ベンゲルがマンCに行ったらセスクも一緒に行くでしょうか?
その他モウリーニョ、クロアチア代表監督のビリッチの名前が挙がってますが、誰も来てくれないような気がします。


トーレス ベニテスが居なくなってもリバプールに残る
前述のセスクとは、相反するコメントです。
「たとえベニテスがいなくなってもここに残る」
とはいうもののベニテス残留を希望しているとコメントをしていて、このコメントはクラブへの愛着を言葉にしたものだと思いますが、セスクと大きく異なるのはリバプールでプレーすることはベニテスありきではないということを はっきりと現していると思います。
Goal.comでは、ベニテスの限界!なんてコラムがあったり、今期のプレミアのタイトル獲得の可能性が薄くなったことで、CLで好成績を収めることは真の求めるものではない!とばっさりと書かれてたりしますけど、そこまで云わなくてもCLのタイトルをとれるならそれはそれで素晴らしいことだとは思いますが、行き詰ってる感は否めないのは事実ですよね。
かといってベニテスより素晴らしい監督がそんなに簡単に見つけられるものなのか疑問ですし・・・
[PR]

by beckham306 | 2009-03-06 22:38 | 欧州各国リーグ戦