マンUvsリバプール

マンUvsリバプール
試合開始早々レイナがPKを与えてしまった時は、今日はリーグ戦の望みを完全に絶たれる日になるんだぁと不吉なことを思ってしまいました。
しかし結果としてその後のヴディッチの軽率なプレーから、これぞトーレスって感じの瞬間芸を決めきったことは大きかったです。
そしてエブラがジェラードを倒してPKで1-2とリードして折り返して、後半マンUが怒涛の攻めに転じてくるんだろなぁと予想したものしばらく膠着状態。
ファーガソンが大胆にもギグス、スコールズ、ベルバドフを一気に3人投入(こんな凄い控え選手抱えてるクラブあるか?)したものの、またまたヴディッチがジェラードを露骨に倒してレッドカードとなりそのFKをアウレリオがそのまま決めて1-3に。
そして半分時間稼ぎに投入したようなドッセーナが、レイナからのフィードをワンタッチでファンデルサールの頭上を越えるループがゴールに吸い込まれ1-4と試合が決まってしまいました。
今日のヴディッチは可哀相なくらい散々な日となりましたね
彼のファウルの取り方、取られ方は、あまりにも上手でなかったです。

オールドトラッフォードで4失点するマンUはなかんか見ることはできないと思いますし、今シーズンこの対戦リバプールのダブルとなっていることも、どう考えればいいのでしょうかね?
インテルを破ったマンUを1-4で破ってしまうリバプールって単純に考えればCL優勝は不思議ではないですよね。
べスト8でこの対戦が実現することだけは勘弁してもらいたいと思います。

プレミアはリバプールは1試合消化の少ない首位マンUに4P差となりました。
実質7P差と考えると、勝ったとは云えかなり厳しいことには変わりはありませんけど、マンU、チェルシーにダブルのリバプールは、本来今期のプレミア優勝を手にするに値するチームのはずなんですけどね。
自業自得というか、こうなると数々の取りこぼしが痛いです。
[PR]

by beckham306 | 2009-03-15 01:18 | 欧州各国リーグ戦