マンU、チェルシー揃って敗戦

リバプールに風が吹いてきた(笑)
昨夜のプレミア フラムvsマンUと開始時間の遅れたスパーズvsチェルシーを観てましたが、マンUがこんな試合をするのを観るとは思いませんでした。
僕はシーズン当初 今年降格する筆頭はフラムだと思ってました(失礼)ので、マンUの大量ゴールで快勝なんてことを予測してたわけですが、なんだか解りませんが、とにかく酷かったです。
下位に取りこぼすときのリバプールみたいでしたもん(笑)
ルーニー、テべス温存で、ヴィディッチ不在が違うこと以外、それなりのスタメンです。
スコールズのバレーボールブロックでのPKは事故としても、それが無くとも前半は圧倒的にフラムペースでした。
PKを決めたのはマーフィーですよ!
Cロナの顔にも、「俺たちいつもどうやってサッカーしてるんだっけ?」ってな感じで何もかも上手くいきません。
後半ルーニー、テべスを投入するもルーニーまで退場だし、今シーズンの運を使い果たしたかのような試合に・・・
最後はフラムに気持ちよくダメ押しの2点目を決められ万事休す
マンUって圧倒的なリーダーがいないんですかね?
このあたりジェラードという圧倒的な存在のいるリバプールとは違う印象
フラムは豪州代表GKシュウォ-ツァーも今日働かなくていつ働くんだ!と力の出しどころをわきまえた好プレー連発でした。
ザモラのキレも凄かったですね。



方やチェルシーはスパーズとアウェイで対戦です。
レノン、モドリッチに掻き回されていたものの、実力的にはチェルシーとは、それなりの差があると思いました。
それでもモドリッチのゴールを最後までゴメスのスーパーセーブで守りきり、ヒディングに初黒星を謙譲しました。
ロビー・キーンがダメ押しの2点目を決めてればもっと楽だったんでしょうけど、アレックスのヘディングと云い何から何までチェルシーにツキがありませんでした。
試合後 元同僚のゴメスとアレックスが、多分「あれが入らないなんて普通ねーよなぁ」と愚痴を言い合っている光景が象徴的でした。


マーフィーがマンUに土をつけてくれて、キーンのスパーズがチェルシーを叩いてくれて、今夜のヴィラ戦に勝利すれば、消化試合はひとつ多いですが、なんとマンUと1P差となります。
この皆様のご好意に応えない訳ではいかないでしょうね。
今夜はきっちり勝つとして、次節リバプールはフラムと対戦、そしてマンUはヴィラと対戦なんですね。
フラムとヴィラが首位争いの鍵を握る存在になってます。
チェルシーは次節はオーウェンのいるニューカッスルです。

しかし みんなマンUにすんなり勝たしたくないんだなぁぁと勝手に実感しましたね(笑)
もうファーガソンみたいな長老の思いのままになるのは、嫌気がさしてるんじゃないかなぁ
ここまでチャンスが巡ってきたら、活かさない手はないですよ  ベニテスさん
[PR]

by beckham306 | 2009-03-22 17:40 | 欧州各国リーグ戦