オーウェン マンU移籍

オーウェンがマンUへ・・・
個人的にはかなり驚きですし、残念なニュースです。
ニューカッスル退団を表明して、エバートンと交渉、ハルシティが獲得を検討しているなんて報じられていたオーウェンですが、急転直下でマンU移籍が決定しました。
7月1日にファーガソンから朝食に誘われ翌2日に会って、獲得を打診され即快諾となったようです。
既に入念なメディカルチェックもクリアし2年契約と発表になっているもみたいですね。
年俸はニューカッスルでの10億(これが異常だと思いますが)から半分以下の4億弱となるそうです。

リバプール的には、エバートン行きを検討すること自体どうなの?って思ってましたけど、ベニテスは移籍金0でも獲るつもりはないとした以上、仕方ないかなぁと思ったりもしてましたが、マンUはリバプールサポ的には何処よりも行って貰っては困る、そんな選択は許し難い移籍先だと思います。

怪我が多く、本来持っていると思われるパフォーマンスレベルを見せられず代表からも外れている
オーウェンは、本当はリバプールへ帰りたいんでしょうけど、それも実現せず そんな矢先にファーガソンに足元を見られて魂を売ってしまったんでしょう。
オーウェンにとってトップレベルのクラブでプレーできるチャンスはこれが最後だと思いますので、マンUで成功できるかかどうかは代表復帰含め、選手キャリアの大きな賭けになるはずです。
実際マンUで彼がポジションを確保できるかどうか自体、今の彼ではそう簡単なことではないと思いますし

マンUは奇しくもFW二人がエバートンとリバプールの選手となってしまいました。
今までリバプールサポにそんな境遇でもリスペクトされていたオーウェンも今度アンフィールドに来たときは、容赦なくブーイングを浴びせられることになってしまうかもしれませんね・・・
[PR]

by beckham306 | 2009-07-04 15:33 | 欧州各国リーグ戦