W杯予選の状況とか

1週間ぶりの更新です。
その間 W杯予選と日本vsガーナがありましたが、NHK/BSでやってたイングランドvsクロアチアの録画放送以外観てません。

日本vsガーナ
ガーナ戦は妙に派手な試合をしたようですが、ギャンと稲本が活躍してレンヌの関係者は喜んでるかもしれませんが、少なくとも日本は勝ったとは云えとても喜べる試合では無かったように思います。
オランダサイドでの日本への評価の報じられ方は、総じて中盤は素晴らしいが、アタッカーとDFはあまりにも貧弱というものですが、その通りで どんなにボールを支配できてもゴールすることができないチームは勝ちあがれない訳で、W杯ベスト4が目標なんてことを代表監督が口にしたこと含め、それは楽観的過ぎると言われて当然だと思います。

W杯予選は?
欧州ではイングランドとスペイン、南米ではパラグアイが出場を決めました。
イングランドはウェンブリ-で因縁のクロアチアに5-1の大勝で、ユーロ予選の失敗以降カペッロに託した成果が出ましたね。
この予選の手堅い進め方は流石カペッロって感じです。
カペッロはベッカムともすっかり仲良くしてましたが、そのベッカムは代表には呼ばれているもののポジションは完全にレノンのものですね。
右サイドはレノンとその後ろのグレン・ジョンソンは脅威的な破壊力でした。
クロアチアはエドァルド・ダシルバがボールを持つ度に大きなブーイングを浴びてましたね。先日のPKダイブの影響でしょうか?

その他イタリアは次節決めそうですし、ドイツvsロシアは次節直接対決で決着がつきそうですし、スイスもかなり近づきましたし、フランスは案の定プレイオフ行きっぽいですし、今予選強豪国で最も不振のポルトガルのいるグループ1は残り2試合デンマーク、スウェーデン、ハンガリーを含む予測不可の混戦になってきました。

南米予選は注目は何といってもアルゼンチンですよね
マラドーナが率いて予選落ちなんてことにもしなったとしたら、いろんな意味で不幸なことですよね
まぁ4位で通過するでしょうけど・・

アジア5位を賭けた戦いサウジvsバーレーンは、ドーハの悲劇ばりの結末で、バーレーンはニュージーランドと戦う権利を得ました。
しかし、方やアルゼンチン、フランス、ポルトガルが予選落ちの危機なのに、ニュージーランドとバーレーンの何れかは確実にW杯に出られるなんて、絶対おかしいと思います・・・
[PR]

by beckham306 | 2009-09-12 21:19 | 各国代表