南アフリカvs日本

南アフリカvs日本
会場は、本番と見間違えるほどの大観衆で驚きました。
この雰囲気で試合でできることは結果如何問わず最大の収穫だと思います。
本気で強化を考えるなら基本的にアウェイを中心に試合は組むべきです。
お客は終始騒いでるだけで、サッカーを解ってるって感じではなく、USAでのW杯を思い出させるものもありました。
思ってたよりお行儀が良すぎて拍子抜けしました。

試合の方は序盤は締まった内容で、適度に緊張感漂ってて、パレイラ復帰第1戦ということもあるのか南アフリカサイドも真剣にやってることもよくわかる個人的には見応えのある試合だったと思ってます。
俊輔不在の中盤は本田を前目で長谷部、稲本、遠藤で構成してましたが、これも個人的には悪いとは思いませんでした。
特に本田を除く3人はこれで固定してもいいんじゃないかと思いましたけどね。
長谷部の前半に放ったシュートは、何処の誰が見てもそれなりのレベルと理解させるものを魅せてたと思います。
大久保、本田はダメでした。本田はこの試合でも全く機能しなかったことで、俊輔と併用もしくはそれより高いプライオリティの駒となることはできなくなったと思いました。
大久保も先発にチョイスする意味は解りません。
岡崎は自信を持ってプレーしてましたので、1ゴール決めてればなぁとは思いますが、本大会出場の国の中で、最も弱い国の類であろう両国の対決で、点を取れないとなると、どの国から点を奪えるのか?と不安が増しましたが・・・

それから解説の元祖本田のボゾボソと何を言ってるか解らないコメントは、離婚のダメージなのかよく解りませんが、ルックス含めてTVでもラジオでもあれでは使いものにならないのではないでしょうか?
行く末が心配になりました・・

この試合は あの雰囲気で試合ができたことだけは大きな収穫でしたね。
[PR]

by beckham306 | 2009-11-15 15:40 | 各国代表