リバプールvsマンC

リバプールvsマンC
ドローで終れて良かったとも思えますし、反面1-0で勝てたのでは?とも思いますし、アッガー、バベルを相次いで失うという相変わらずの不幸続きのリバプールとしては、精一杯の結果と思うしかないのでしょうか・・・

前述の二人を失った後シュクルテルのゴールで先制したときは、これを守れれば今日は良しとしよう!と思ってみてましたが、その後そのシュクルテルのマークの甘さからアデバイヨルのヘッドで同点にされ、更に崩されアイルランドに逆転ゴールを決められた一連の流れは、リバプールは何処まで落ちていくのか底なしの状況を感じさせましたが、直後の決して万全のはすのないベナユンが押し込んで同点としてくれましたが、そこから逆転してくれる期待は抱かせてはくれませんでした。
結果を出した万全でないベナユンを早々に下げて、これまた怪我から復帰のアウレリオを投入してましたが、いい加減アクイラーニは使うべきではないのでしょうかね?
なんか温存し過ぎというか、お膳立てが完璧のタイミングで投入しようとしているのか、怪我人酷使してる状況で歯がゆい感じがしました。

チェルシー、マンUは順当に勝利し、アーセナルがサンダーランドに負けてます。
その結果リバプールは、勝ち点20はサンダーランドと並んで7位となりました。
次週はCLデブレツェン戦があります。リバプールは勝利するの当然ですが、勝ち抜けを決めているリヨンにもフィオに負けないよう頑張ってもらわなくてはなりません。
そして週末にはエバートンとの対戦というひとつも負けが許されない厳しい戦いが続きます。
[PR]

by beckham306 | 2009-11-22 22:47 | 欧州各国リーグ戦