南アW杯 組み合わせが決まる

W杯グループリーグ組み合わせが決まりました。
しかし上手いこと組み分けますね

グループA
南アフリカ、メキシコ、ウルグアイ、フランス

南アフリカはあまりシードの恩恵を授かってない感じですね
地元開催で無かったとしたら、この組み合わせでは勝ち抜けは難しいと思います。
フランスもよく解りませんし、大好きなウルグアイも??な感じですので
予想は、1位メキシコ、2位フランス

グループB
アルゼンチン、ナイジェリア、韓国、ギリシャ

アルゼンチンがこのままマラドーナ効果でフラフラし続けると大混戦になりそうな組です。
というか間違いなく縺れるでしょうね
予想できません・・・

グループC
イングランド、アメリカ、アルジェリア、スロベニア

カペッロはきっちりと勝ち点を積み上げることができることができる監督だと思いますので、この組み合わせなら間違いは起さないと思います。
あとはコンフェデ準優勝で決して弱くはないですが、実はいまいち読めないアメリカ次第ではないでしょうか?
予想は1位イングランド、2位スロベニアで

グループD
ドイツ、オーストラリア、セルビア、ガーナ

筋肉対決みたいな組み合わせですね
オーストラリアは今回は厳しい気がします。
ドイツは堅いとしてもガーナとオーストラリアが潰しあってセルビアが残るなんて予想します。

グループE
オランダ、デンマーク、日本、カメルーン

どうせなら強くて派手な国に入って欲しかったですけど、地味目というかオランダはこの間試合したばかりだし、カメルーンは中津江村だし?、で新鮮味にも欠ける印象というかあまりワクワクしないです。
オランダは1位抜け固定として、カメルーンにはいくら親善試合で勝ち越してるからと言って本気のエトーに振り切られない訳がないですので、お家騒動を期待するしかなさそうです。そうなると ポルトガル、スウェーデンと同じ組で1位通過してきたとはいえ大舞台慣れしてるとは言い難いデンマークとどう戦えるかが鍵だと思いたいですが、vsデンマークは3戦目なんですよね
この時点まで可能性を残せたらの話になりますけど、トマソン、アッガー、ベントナー、ポウルセン、ロンメダールらを擁するデンマークの研究は重用だと思います。
その為にも初戦のオランダvsデンマークのお隣さん対決を引き分けて貰うのがありがたいんですけどね。
日本はどの組に入っても勝ち抜けを期待することは殆どできないですが、最悪の組ではなかったですね。

グループF
イタリア、パラグアイ、ニュージーランド、スロバキア

イタリアはツイてますね
でもGLはグタグタなんだと思います。
1位パラグアイ 2位イタリア

グループG
ブラジル、北朝鮮、コートジボワール、ポルトガル

ここは死の組です。
コートジボワールも強いけど経験が足りないって国ではなくなってると思いますので、ブラジル、ポルトガルと言えどかなりの緊張感を強いられる組み合わせになってしまいました。
観る側にとってはカカvsCロナの豪華対決が見られたりと嬉しい組ですが・・
北朝鮮に勝ち点3を取りこぼしたところは落ちるってことになるんでしょう。
1位ブラジル、2位コートジボワール

グループH
スペイン、スイス、ホンジュラス、チリ

スペインは当確っぽいですね
チリvsスイスがこの組の結果そのもののような気がします。
スアソ対決も実現しちゃうんですね
[PR]

by beckham306 | 2009-12-05 22:45 | 各国代表