リバプールvsエバートン 他

リバプールvsエバートン
熱い試合で見応えがありましたねぇ
ダメダメなNゴクは相変わらず先発でした(この試合いつもよりは働いていましたが)。残留させたバベルをなぜ先発で使わないのか相変わらず意味が解りません。ベニテスってダメでも妙にしつこく使い続けるところがありますよね。
クラウチなんかもそうでしたが、Nゴクの使い続け方はクラブのおかれている状況を考えるとこの時期にそれはあまりに中途半端な気がします。
エバートンは一人荒れてるピーナールがさっさと退場になるなぁと思ってたら、キルギアコスが前半でレッド貰って一人少ない展開。(ピーナールは最後の最後に退場になりましたけど・・・)
前半はジェラード、ケイヒルそれぞれ決定機を外し0-0。

後半は、エバートンに迫力が無くなりリバプールが一人少ないとは感じさせない緊張感を持った内容でした。
唯一の得点のカイトのピンポイントゴールはいったいハワード、フィル・ネビルの元マンUコンビは二人で挟みこんでいたのにいったい何したたんだ?って感じもします。
その後采配的には珍しくベニテスは当ったようですし、何よりリバプール全員の一体感は、観る者全てを満足させるものだったと思います。

この後スぱパーズvsヴィラで潰し合って頂ければと・・・


日本vs中国
東アジア選手権とやらが始まっていて、TVで見てましたが、これが同じスポーツとは思えない程、ひたすらつまんらない試合でした。
0-0云々以前に欧州勢不在とは云え、W杯で結果を出すことを語るのはあまりにも現実からかけ離れていると云わざるを得ません。
この試合の後リバプールvsエバートンを観てしまうと、スピード感、ピッチの広さが別物のように感じましたよ。


テリー主将剥奪
カペッロテリーに主将の座を外すことを告げたようです。
この問題でイングランド代表の士気に影響が出た日には、誰にとっても目も当てられませんもんね。
しかし案の定ウェイン・ブリッジの彼女とやらも、かなり問題あるようですね
当時のチェルシーの他の選手とも関係があるらしいですし・・・
テリーに替わりイングランドの主将はリオが努めると思われます。
[PR]

by beckham306 | 2010-02-06 23:58 | 欧州各国リーグ戦