ベッカムW杯絶望

ベッカム アキレス腱断裂
あまりにもショッキングが出来事です。
日曜のセリエAミランvsキエーボ戦で辛勝してインテルに1P差となった訳ですが、この試合でベッカムがアキレス腱断裂の大怪我を負ってしまいました。
誰かに酷いファウルを受けたとかそうゆうことではなく、単独で突然ピッチに倒れたとのことですが、その後ベンチに下がってから皆大事だと気付いたそうです。
どんな名医をもってしても全治5~6ヶ月は掛かるとのことで、この怪我は完全にW杯を棒に振るということを意味するようです。実際は8ヶ月は無理とも言われてますが・・・
ベッカムはすぐにフィンランドのその道の権威のドクターのところに手術を受けに行ったと報じられてます。

しかし古巣マンUとオールドトラッフォードでの対戦という、いつかはその時がくるであろうその瞬間を過ごした直後のこのトラブル。
本人はマンU戦はかなり気が張っていたと思いますが、何か緊張感が抜けたとか影響があるんでしょうかね?

カペッロもW杯は無理だろうとのコメントを出してますので、同じポジションのレノンも負傷しているイングランド代表にも大きなダメージがありますし、ミランもインテルを追走、捕捉寸前の矢先にチームの雰囲気に影響がありそうです。
一番ダメージが大きいのは実はLAギャラクシーなのかもしれません。
ベッカムを獲得してから負傷期間も長く、純粋にプレーする時間としての価値は費用対効果をとても満たすものではなかったでしょうし、彼の価値を維持するためにはまで第一線でプレーすることも証明し続けないといけない側面もありミランレンタルが実現してるんだと思います。
その矢先にこの怪我でW杯で価値を高めることもできず、仮に復帰に8ヶ月掛かったとすれば11月ですのでMLSの開幕にも間に合いません。
何よりフットボール選手として価値が下落することは最も恐れることではないでしょうか?
彼個人のキャラクターとしての価値には陰りはないでしょうけど・・・
しかしこれからベッカムはリハビリそして復帰に何をモチベーションにするんでしょう?
今はとにかく手術が順調に済んで、彼はもう一度ピッチに立つことを祈るばかりです。
[PR]

by beckham306 | 2010-03-16 01:57 | 欧州各国リーグ戦