C組は劇的な幕切れ

今大会初の劇的幕切れ
勝つしかないイングランドと負けても勝ち残れる可能性のあるスロベニアという微妙な対戦でしたが、イングランドは相変わらずパッとしない試合してましたね。
ルーニーはメッシ同様 難しい外し方の連発で今日も結局不発でした。

もう1試合のUSAvsアルジェリアはこちらはイングランドが先制した時点でドローのままが両者にとって最悪の結果だった訳ですが、試合自体はこちらの方がよっぽど白熱してましたね。
しかもイングランドvsスロベニアが予定調和的に1-0で終了したと同時にUSAが1点を決めてスロベニアはもはやどうすることもできなくなりました。
欧州2カ国が勝ち抜けと思われましたが、1位USA、2位イングランドとなりました。
イングランド2位通過は、決勝Tでいきなりドイツと対戦の可能性が高いです。
何はともあれもし予選敗退となった場合、カペッロは辞任するという噂もあっただけに花のあるイングランドは残ってくれたことにはみんなホッとしてることでしょう。
[PR]

by beckham306 | 2010-06-24 01:15 | 各国代表