イタリア敗退!

D組はドイツ、ガーナ
1位抜け直接対決は、ドイツに軍配が挙がりました。
負けたガーナは、もう片方の試合オーストラリアvsセルビアが2-1となった結果得失点差でアフリカ唯一の決勝T進出国となりました。
オーストラリアは初戦の大敗が悔やまれます。
セルビアは豪華なメンバーの割には期待外れでしたね。

F組イタリア敗退
前回王者がGLで去ることになってしまいました。
これで前回決勝進出国は両方消えました。
スロバキア相手に3失点は、ディフェンディングチャンピオン、堅守のイタリアの面影すらなく、終了間際の2ゴールこそ維持を見せましたが、攻守共にあまりにもパンチ力が足りない印象です。
かつての主力メンバー カンナバーロ、ガットゥーゾ、ピルロらは精彩を欠いてました。
イタリアは3試合通じて見応えのある試合はひとつも無かったと思います。
それでも最後には帳尻を合わせる術を知り尽くしているイタリアだと思ってましたが、今回の世代交代が中途半端なチームはフランスとは違う意味で去るべくして去ったチームなのかもしれません。
スロバキアはシュクルテルが頑張ってましたね。
NZはパラグアイにも引き分けて3試合共勝ち点1で無敗でW杯を去ることになりました。
これも予想できなかった結果です。

日本が決勝Tに進出できた場合、パラグアイと対戦することになりますね。
現時点で決勝T進出確定は、南米4、欧州4、北中米2、アフリカ1、アジア1
で残り4枠です。
アメリカ大陸側に偏ってる感じですね。南米は5カ国すべてが決勝T進出の可能性は大です。

さてこの後 いよいよ日本vsデンマークです
[PR]

by beckham306 | 2010-06-25 01:57 | 各国代表