決勝T① 勝者はウルグアイとガーナ

この4ヶ国の中からベスト4に残れる国がある訳ですから、皆ラッキーと思うべき組合せだと思います。
あとはこのチャンスを活かすも殺すも自分達次第です。

韓国vsウルグアイ
チャンスに決められるか決められないかが、明暗を分けた試合でした。
守備には自信を持ってたであろうウルグアイはフォルラン、スアレスにゴールは任せてあとは守るだけというのが基本コンセプトだったと思いますが、もっと有利に進められたはずのチャンスをいくつもフイにしていては、いくら内容で圧していても勝てるものも勝てない典型的な事例だったと思いますし、アジアと南米のフットボールで勝つということの奥深さの違いを見せ付けられた試合でもあったように感じました。
スカパーでフェラーラに「スアレスはセリエAやプレミアでやれると思いますか?」という質問が飛んでましたが、聞くまでも無く彼は十分欧州トップクラブでやれる実績を出してきてると思います。
本田がVVVにいる頃に、スアレスと本田が得点王争いしてる時期もありましたよね。
この二人がW杯で活躍してることは、ブレイク前の大器がエールディビジには眠ってるんでしょう。
雨でピッチの状態も悪く実力を出し切れなかったのかもしれませんが、組合せを考えても韓国は大きなチャンスを逃してしまったと思います。

USAvsガーナ
得点シーンしか観てないので何ともいえませんが、ガーナのボアティングとギャンのゴールは共に素晴らしかったとですね。
USAが自力に勝ると思ってたので、この結果は個人的には驚きでした。
地元アフリカがベスト8に残ってるという事実が興行的には素晴らしいと思いますが・・

ミランの新監督はアッレグリ
ミランの新監督がひっそりと発表されてました。
一昨シーズンセリエA最優秀監督にも選ばれていた元カリアリのアレッグリ氏です
年齢も42歳と若くレオナルドに続き若手に任せることになりましたが、決定まで時間が掛かった割には地味な選択に落ち着きましたね。
[PR]

by beckham306 | 2010-06-27 19:28 | 各国代表