ドイツが止まらない

アルゼンチンvsドイツ
両者ある程度点の取り合う試合になることは予想してましたが、アルゼンチンはデミチェリス、エインセなDFな訳でドイツ相手に失点は避けられなさそうなので、いかに失点を上回るゴールを決めるかが鍵だと思ってましたけど予想通り失点しましたけど、ゴールを全然決められないとは話になりませんでした。

しかしこんなにこの対戦でこんな大差な結果になるとは衝撃です。
ドイツは試合開始早々のミュラーのゴールで先制できたのはラッキーでしたが、前半の終わり際と後半開始直後以外は殆どペースを握ってシステムが破綻せず加点していって終わってみれば0-4と流石のマラドーナも強がりなコメントさえも出せないだろうなって結果です。
メッシはこの大会ルーニーに並ぶ最大の不発大物の一人になってしまいました。
テベス、アグエロ、イグアインも駄目でCLチャンピオンFWのミリートは出場機会さえなく終了です。
あとベロンが使わなくなったのは何故なんでしょうかね?

ドイツは凄いとしか言いようがありません。
次は多分スペインとの対戦でしょうけど、現在優勝候補筆頭だと思えてしまいます。
バラックはニコニコ観てましたが、もう代表に戻る席はないのでは?
[PR]

by beckham306 | 2010-07-04 01:43 | 各国代表