スペイン本領発揮

ドイツvsスペイン
ドイツどうしちゃったんでしょう?って感じの攻められっぱなしの展開・・
若いメンバーが多いことの負の側面、自ら建て直す術と経験がないことが出てしまったのでしょうか?
イングランドとアルゼンチンを圧倒したチームとは思えない、消極的な内容でした。
レーヴ監督も完敗を認めているように、本来のドイツのポテンシャルを全く出せない試合をしてしまいましたね。
まぁ負けるときはこんなもので、アルゼンチンの気持ちが解ったのではないでしょうか?

スペインは中盤のタレントが群を抜いていることがよく解る展開で、ようやく流石欧州チャンピオン!という試合を見せてくれました。
シャビ・アロンソ、シャビ、イニエスタの展開はドイツをもってしても貫禄を感じましたね。
ダビド・シウバが終盤できてましたが、彼がベンチでその存在さえ気にならない層の厚さは格が違うことを再認識しました。
トーレスがビジャに替って投入されたときは変な意味でちょっとドキドキしましたけど・・

決勝はオランダvsスペインとなり初優勝国が出ることが確実となりました。
如いて差があるとすればオランダはスネイデル、ロッペン2名の依存度が強すぎることでしょうか?

3決はウルグアイvsドイツとなり、ミュラーはストレス発散ゴール炸裂を狙ってくるでしょうからウルグアイは簡単に3位にはなれそうにありませんね。
[PR]

by beckham306 | 2010-07-09 00:06 | 各国代表