長友、トルシエ、トルド・・・

今夜の3決ですがドイツはレーヴ監督、ラーム、ポドルスキーが風邪ひいちゃったんだそうですね。
緊張の糸が途切れたんでしょうか?

長友はチェゼーナへ
ローマとかバーミンガムとか派手な話も出てましたが、結局セリエA昇格クラブのチェゼーナに決定したようです。
W杯であれだけ実力を示した割には地味なスタート地点となったと思います。
本人は確実に試合に出られてじっくりやりたいんでしょうけど、ちょっとチームの成績悪けりゃ監督すぐ交代して、全然使って貰えないなんてザラですから、どうせなら欧州杯戦の権利のあるクラブ行ったほうがレギュラーは難しくてもチャンスは多いような気がします。

豪州代表監督候補にトルシエの名前
ピムが辞任しているオーストラリア代表監督候補にトルシエが売り込んでいるのだとか・・・
その割りに「交渉を望むのなら、わたしは応じる」と高飛車なコメントを出してますが、本当は喉から手が出るほどやりたくて仕方ないんでしょうけど、当のオーストラリア側は検討の駒に入れてくれているんでしょうか?

トルド引退
モウリーニョが去りベニテスが来たインテルから寂しい話題が・・
ジュリオ・セーザルに定位置を奪われて久しいトルドが引退を発表しています。
トルドは代表ではブッフォンという絶対的なGKがいて実力を発揮する機会は限られてた人だと思いますが、如いてこの人の凄さを実感したのはEURO2000でしょうね。
GKって難しいですよね
ビッククラブであれば第2GKもそれなりの選手を揃えておく必要がありますが、その選手は殆ど試合に出る機会がないことを受け入れなくてはならない訳ですからね。
しかもいつ出番が周ってきてもいいように準備は必要だし・・
[PR]

by beckham306 | 2010-07-10 22:16 | 欧州各国リーグ戦