リバプールvsWBAとザック

リバプールvsWBA
メイレレス、コンチェスキーもスタンドで観戦する中、ポウルセンも先発し結構期待できるメンバーで臨んだにも関わらず相手がWBAで余裕で勝利し たかったところでしたが、内容は酷かったですね。
一方的に攻めていてなかなか点が入らないどころか、前半はボールを回されちゃってWBAペースだったように見えました。
ポウルセンは残念ながら無難にプレーしようとするのが見え見えでした。
人には強いDF陣もボールを散らされるとあの程度の相手でも綻びが出てしまうところを露呈してました。
攻撃陣もいまひとつ噛み合ってなくて、惜しいシーンも少ないというか、唯一のゴールである
トーレスのゴールシーンはいつものメンバー ジェラード、カイト、トーレスで繋いだものでしたし・・・
ヨバノビッチは悪くないと思うんですけどね
メイレレスは大きなアクセントになってくれるのでしょうかね?
それでも勝ち点3を確実に得られたのは一安心でした。
リバプールはこれで勝ち点4 マンCが負けてくれて全勝はチェルシーのみですので、まだ上位に喰らい付いていける位置にいます。


日本代表監督はザック!
さんの望むラインとは掛け離れてるような気がしますが、元名将のザッケローニが既に極秘来日していて就任に合意したのだとか・・
個人的にはW杯中に来日していたフェラーラが最後の手かと思ってましたが、名将とは云え直近のトリノ、ユーべでの仕事には全く見るべきところのない、過去の名声も地に落ちた感のあるザックにとっては、代表監督というポジションで新境地を見出す渡りに船の話だったのではないでしょうか?
個人的にはあまり期待しないで見てるようにします。
大黒だけは間違いなく喜んでるでしょうけど・・・
[PR]

by beckham306 | 2010-08-31 02:11 | 欧州各国リーグ戦