移籍期限最終日

移籍期限最終日
最後の最後で大きな動きがありましたね
イブラを獲ったミランがロビーニョまで本当に獲るとは思いませんでした。
3人のブラジル人FWとイブラとピッポです。強力ですけどパトあたりは腐らずにやれるのでしょうか?
そしてフンテラールは自らあっさり出て行きました。行き先はシャルケです。
それから驚いたのはユーべからカモラネーシが放出されたことです。
それもシーズン開幕してからとは・・・行き先もシュツットガルトとドイツ方面であることも意外な感じがします。ユーべはかなりの人数入れ替えてしまいましたね。
そしてファンデル・ファールトはバイエルンではなくまだ正式OKになってないようです驚くべきことにスパーズに来ることになりました。
マドリーは後から後悔すると思われる人を出してしまうのは恒例となってますね。


リバプールは?
結局FWは獲れませんでした。
Cコールだけでなくパブリチェンコにも声を掛けていたそうですが、交換要員のバベル、ルーカスが同意してくれなかったみたいです。
インスーアは結局ガラタサライへレンタルです。この人何を考えてたんでしょうね?
エルザールはギリシャのPAOKへ同じくレンタルされました。


モリエンテス引退
マルセイユでパッとせずフリーになっていたモリエンテスは引退を発表しました。
中東のクラブでプレーする道はあったようですが、潔く引退を決めてます。
モリはマドリー時代は線が細い感じがして好きではなかったですが、モナコで根性見せましたよね。CLでマドリーを自らのゴールで破った試合は今でも思い出せるくらいです。
リバプールでは結局はそれほど活躍したとは言い難いですが、マドリーで花開いてから出された選手であれだけ数々のクラブで存在感を示し続けた選手は少ないと思います。
[PR]

by beckham306 | 2010-09-02 00:06 | 欧州各国リーグ戦