主要リーグで波乱が続く

主要リーグ波乱続く
各リーグ共に所謂トップクラブが着実に勝ち点3を積み上げられない状況となってますね。
シーズン半ばには優勝争いできるクラブが限られたクラブになることが避けられそうで、団子状態で終盤戦に縺れこむ状態が続けば盛り上がりそうです。

プレミアはチェルシー、アーセナルは勝利、チェルシーが連勝を続けてますが、昨夜もウエストハム相手でしたし下位チームとした中ってないですから、真の評価はまだまだこれからだと思います。
マンUはエバートンとドロー 渦中のルーニーは古巣対決での出場を回避したようです。
スパーズもWBA相手にドローとチェルシー以外に連勝するクラブがない状況です。
今夜のリバプールは勝ち点3を得ることができれば上位争いに入れる位置に上がれます。

セリエAは、豪華FW陣を揃えての初陣ミランが長友のチェゼ-ナになんと無失点に抑えられ負けてしまってます。長友はインザーギを倒してPKを与えてしまったそうですが、イブラには仕事をさせなかったようすし、着実にステップアップしてる気がします。
その他インテルはベニテス体制で初勝利、ローマはカリアリに5-1と大敗しちゃってます。
ラニエリさんはアドリアーノ問題含め早くもピンチです。

リーガではバルサがトレセゲ、ドレンテを補強した昇格組のエルクレスに不覚をとってしまいました。
マドリーはモウリーニョ就任後初勝利を飾ってます。

ブンデスはバイエルンvsブレーメンはドロー バイエルンは3試合で勝ち点4と11位に沈んでます。
そして香川のドルトムントが長谷部のヴォルフスブルグを自らのゴールを含む2-0で破ってます。
フライブルグの矢野は途中出場でブンデスデビューを飾ってます。
シャルケはラウール、フンテラールと元マドリーを揃えながら開幕から未勝利で未だ勝ち点0と酷いことになってます。
内田はパラグアイ戦で小指骨折でベンチにも入ってませんね。開幕早々怪我は嫌な流れです。
[PR]

by beckham306 | 2010-09-12 13:59 | 欧州各国リーグ戦