マンUvsリバプール

マンUvsリバプール
前半の内容だと負けて当然の試合でしたが、後半ジェラードがPKとFKで同点に追いついてからは、リバプールもボールが周り始めて、両者荒れ気味になるわで今期初めて手に汗握る展開でしたが、ベルバドフのハットトリックで万事休す、ドローに持ち込めればかなりラッキーでしたけどね・・・

しかし新メンバー多数であることは間違いありませんが、リバプールらしい速い玉廻しは全く見ることができなくなりました。
特に前半ポウルセン、メイレレス、マキシ、コンチェスキーあたりは酷過ぎでした。
ポウルセンなんてジェラードに横パスするだけの役割で完全に流れのブレーキになってましたし、コンチェスキーは守備面でも相手のパスを止められないで決定機を提供するわでホジソンの連れてきた選手はなんなんだよ!って言われ兼ねないもので、とてもマンUと互角に戦うレベルのチームでは無くなってました。
トーレスも斬れがなく、PK奪取が唯一の見せ場でしたね。
ジェラードが2点目の絶妙なFKを決めるとなんだかみんな盛り上がり始めて、ポウルセンも前向きなパスを出したり、ナニをド突いたりと徐々に本領発揮して今後に期待を持たせてもくれました。
コンチェスキーは右サイド専任を期待されたのに安定せず最後には結局アッガーが出てくる始末でした・・・
マキシもよく判んない存在になってきましたね。
最初ッからヨヴァノビッチ出しておけよって思いました。
この試合のヒーローベルバドフのゴールはそのプロセスにおいて何れも防げたような気がしますけどキャラガー、シュクルテル、アッガーの武闘派DF陣もピリッとしないのも気になります。
コンチェスキーがあんな状態なだけに余計に・・・

ここまでアーセナル、マンC、マンUと厳しい戦いをひとつも勝利できてませんけど、マンU戦も勝利すれば一気に上位浮上の可能性はあったんですが、実力通りのポジションと云わざるをえません。
ホジソンは短期的に結果を出すメンバーとして選手を揃えたと思いますが、しばらく劇的な改善は期待するのは酷なような気がします。
ジェラード、トーレスラインでゴール量産でもしてくれない限り・・
[PR]

by beckham306 | 2010-09-20 01:27 | 欧州各国リーグ戦