中東不在のアジア杯ベスト4とベニテス

アジア杯ベスト4は中東不在
日本、ウズベキそして韓国、オ-ストラリアがそれぞれ中東の国を破りベスト4に残りました。
ウスベキじゃなくてイランが残っていればアジアの実力トップ4が出揃うことになっていたと思われること以外今回のアジア杯に優勝できれば、それはほぼ完璧なアジアチャンピオンとして誇れる価値のあるタイトルになると思います。
それにしても中東の笛だのなんだの騒がれて、それを抜きにしてもアドバンテージがあったはずの中東勢がひとつも残らないというのは、W杯開催に向けても印象は良くないと思います。
韓国は得点力不足の声がありますが、延長戦を戦い日程的には日本が有利に環境となっていますが、日韓戦はそんなの関係ないでしょうね。

ベニテス プレミア復帰を狙う
ベニテスの再就職先の第一優先はあくまでプレミアリーグなんだそうです。
それもクラブのビジョンがしっかりしたそれなりの規模のクラブ・・とのことですが、何処がベニテスをお招きしてくれるのでしょうか?と思っていたらリバプールがベニテスと既に交渉の場を持つらしいなんて記事があってびっくりです。
ダルグリッシュが初勝利を挙げたばかりのタイミングでこの噂は、戴けない気もしますが、もしかしたら、そもそもダルグリッシュの就任条件は今期終了迄しか面倒を見ないことだったりすれば、ベニテス復帰話は単なるおもしろおかしい噂でもなくなるのかもしれませんね。
現時点でそんなことは、どうでもいいですから早く安定して勝てるチーム状況に戻って貰いたいです・・・
[PR]

by beckham306 | 2011-01-23 21:39 | 各国代表