アジア杯 日本優勝!

アジア杯 日本優勝
個人的な感想ですが、オーストラリアは思ってたより遥かに強かったなぁと感じました。
準決勝でウズベキが6点獲られたのも納得です。
ロングボール主体で明らかなターゲットであるキューウェル、ケイヒルが判っていてもあれだけ二人で決定的場面を作られたのですから、この試合も外してくれていたシュートが決まりまくってたとしたらウズベキと同じ目にあっていたかもしれません。

日本はこれまでのアジア杯での試合のようなシュートまで持っていく意識があまり感じられず、もじもじ日本に戻ってしまった感じで、ゴールできる雰囲気と怖さは感じられませんでした。
右サイドの香川の代役藤本は、明らかな役不足でしたね。
Jの経験だけで、あーゆう相手との決勝戦で力を発揮するのは、難しいことはよく判りました。
内田も無難なプレーでお茶を濁している感じでイライラしました。
その藤本岩政に換えたのはガタイのいいDF無しでは耐えることは厳しい状態を考えれば大正解だと思いました。
そして日本をお得意様としていたケイヒルにゴールを許さなかったことはこの対戦が今後も大きな意味を持つケースが多いことを思えば、非常に良いことだったと思います。
最後に李忠成がフリーでのダイレクトボレーを綺麗に決めて日本を優勝に導いたことは、猿真似をして去っていった国の人達にとってはこれまた複雑な終わり方でもありましたけど、この大会のザッケローニの采配は概ね当たりましたかね。(本田拓也以外は)
本田はMVPだそうですが、昨年オランダでプレーしてたとき一瞬得点王を争うくらいの時がありましたが、その時争ったた相手はリバプール行きを決めたスアレスだった訳で、本田のビッククラブ行きの話はそれほど聞かなくなったのは寂しい限りですし、それにはまだ足りないんだと思いますよね。 
そしてアジア杯に優勝するメリットとして最も大きいのは、何よりコンフェデに出場できることだと思います。
世界に日本のサッカーを魅せる機会を得たことは次のW杯までに更なるステップとなることでしょう。

最後に一番気になる選手が誰かってハリー・キューウェルなのですが、この大会の後この国の代表チームは大きな様変わりと魅せると噂されてますが、彼のプレーを生放送で観るのもこの試合が最後の機会になるような気がします。
いまや貫禄でファウルを獲るような選手になってしまい、格の違いは明らかですが、全盛期のスピード、キレは流石に無く、それでもあのアジアレベルでは十分違いも見せてくれたところが見れたことは嬉しかったです。
[PR]

by beckham306 | 2011-01-30 19:36 | 各国代表