ピクシーとリティー

奇しくもJでプレーしていた方々の名前が欧州でニュースになってます。

ベンゲルの後任はストイコビッチ??
ベンゲルが自らの後任として戦術、思考が共通しているかつての愛弟子ストイコビッチをアーセナルの監督に推すような発言をしたことが報じられてます。
突然 名前が出たことは、ピクシーがべンゲルに頼んで欧州で忘れられないよう復帰への布石なのかと勘繰ってしまいました。
名古屋で監督をやるのはACLがある来シーズン限りだと予想します。

アーセナル繋がりでついですが、フェイエにレンタルに出されている宮市はいきなりエールディビジデビューして、ウォルコットばりのプレーを魅せた ようですね。
いまはパッとしないフェイエですけど、腐ってもこのクラブでいきなりプレーさせて貰うことは並みの選手ではないと評価されてるのは間違いないでしょうし、 その期待を裏切らないプレーをしたということだと思いますので、プレミアでプレーするのにはハードルがありますけど期待しちゃいますね。

長谷部のボスはリトバルスキー
イングランド代表国民を奈落の底に突き落としトゥエンテでその力量を再び世に知らしめてブンデスチャンピオンを率いたのも束の間にマクラーレンはシーズン半ばで再びどん底に落ちてしまいました。
ゼコを売ったヴォルフスブルグは結構な人数の補強をしたので、ここからマクラーレンは盛り返すつもりだったのかと思いきや、クラブ側は監督も心機一転するつもりだったんですね。
後任はコーチだったリトバルスキー!が就任するようです。
日本で随分いろんなクラブの監督を経験したようですが、華々しい結果からは程遠かった印象があります。
日本人好きのマガトからマクラーレンになっても、干されなかった長谷部は親日家リティの就任はマイナスではないと思いますけど、それでも今回の大量補強は長谷部にとってもクラブを替わるタイミングなのかもしれません。
リティは果たしてブンデスで名監督となれるのでしょうか?
[PR]

by beckham306 | 2011-02-09 00:06 | 欧州各国リーグ戦