岡崎の契約が揉めてる

インテル痛恨の黒星
ミラン追撃の為には重要な一戦だったのですがユーべに負けてしまいましたね
長友は終盤出てきたみたいですけど、前節ではパスを出してくれてたカンビアッソとの交代ということもあってか、殆ど見せ場なく一転評価を下げる内容だったようです。
エトォが決定機を外して引き分けにさえ持ち込めずレオナルドとしては悲願の自らミランを引きづり下ろすチャンスを逃すことになってしまいましたね


清水社長の悪あがき
岡崎の移籍契約が揉めてるようですね。
事の顛末を聞けば、文句を言うのも納得できない話ではないですが、但しこんなことならもっと早く合意してないことを表明すべきではなかったかと思います。
とっても日本的というか、そのときは何も云わなかった癖に、後から同じ考えの仲間が
いると判ると、実は・・・なんて云いだす、最も欧米の方からは理解されない日本人の典型的な手法をやってしまったと思います。
FIFAの仲裁が入るようですが、清水は多少の移籍金を得て手放すのか、それとも移籍が消滅して清水に戻るなんだことになれば、岡崎はモチベーションなんて全くなくなるでしょうから、どの道 清水には良いことなど殆どないはずですけどね。
Jのクラブもそんなにお人よしではないぞ というところを魅せ付ける意味での効果はあると思います。
[PR]

by beckham306 | 2011-02-15 00:45 | 欧州各国リーグ戦