モウリーニョはイングランド代表監督になる寸前だった

モウリーニョ イングランド代表監督就任寸前で断っていた
モウリーニョはチェルシーの監督をを突如辞任した2007年に実はイングランド代表監督として契約締結寸前だったことを何故かこのタイミングで明かしたそうです。

月1回の試合と試合観戦でWC、ユーロを待つ生活に納得できず結局断ったんだそうですけど、もし彼が就任してたらイングランド代表はどうなってたんでしょうね?
南アフリカWCでは、もう少し期待に沿う活躍をしたのでは?とも思いますが、カペッロがモウリーニョに次ぐセカンドチョイスだったというのも贅沢な話ではありますし、カペッロはこんな話を今頃出されていい気分ではないはずです。

しかしその後イタリアに渡りインテルをCL優勝に導いたことを考えると、栄冠への最短距離知っている監督であることには間違いはないはずです。
なんだかんだでマドリーで今期CLのタイトルを手にしたりするんでしょうかね?
その前に4月にはバルサと最大4回戦わなければなりませんが・・・・
[PR]

by beckham306 | 2011-03-28 23:49 | 欧州各国リーグ戦