アーセナルvsリバプール

アーセナルvsリバプール
防戦一方の中、次々と出る負傷兵の山と、たまにある攻撃チャンスは散発的で効果が見られず陥落するのは時間の問題と誰もが感じた試合だったと思いますが、そんな状況でも次から次へと投入される羨ましいメンバーを持ってしても決めきれないガナーズは、これじゃ優勝できない訳だと説得力のあるものでした。
全てはロスタイムに決まりました。
泥臭く追い掛け回していたが文句なしのPKを献上し勝つべくしてガナーズが先制した直後ガナーズPKエリア外でファウルを貰いスアレスがFK!しかしそれを外すも零れ玉を追ったルーカスをガナの誰かが倒してしまいホームアドバンテージを感じさせることなくあっさりPKを貰います・・・
あとは契約延長直後のカイトがPKをきっちり決めてベンゲルが握手を拒むのも理解してあげたくなる、結局は観戦していたファーガソンだけを喜ばせる結果となりました。
この試合キャロル、アウレリオが次々に負傷、キャラガーまでもがゾッとするような脳震盪で退場しこの波状攻撃に晒された試合をDF二人が10代という異常事態を乗り切ったことは評価、そして自信に繋がったと思う反面、ベンチ入りもしてないヨバァ、ポウルセンはどんだけ信頼されてないんだって感じですよね・・
いくらなんでもDFが益々居なくなって次の試合からベンチ入りくらいさせるんだろうけど放出は確実と実感させられました。
EL、CLの為に勝ち点1を積み上げられたことは良かったですが、上より下のエバートンが迫る速度の方が早いのが気になります。
[PR]

by beckham306 | 2011-04-20 01:22 | 欧州各国リーグ戦