マンU事実上の優勝が決まる

マンU事実上優勝決まる
文字通りの天王山だった訳ですが、開始早々のエルナンデスのゴールで醒めたムードになり寝てしまいました・・
個人的には前半戦の圧倒的なよく判らない強さで後半戦多少トーンダウンしても逃げ切れたように思いますが、あそこまで強烈にブレーキが掛かってしまったからこそ、マンUは浮き上がれたのだと思います。
チェルシーが普通にやってればマンUは後半戦は既にノーチャンスだったはずだと思いますので、地力を魅せたかの優勝に見えますが他力本願的要素大だったと思います。
しかし今年のマンUがもしCLと2冠なんてことになるようなチームに相応しいとは思えないんですけどねぇ
何れにしてもバルサも事実上優勝が決まってしまいましたので、どちらが優勝しても2冠となりますが、個人的にはバルサの方が相応しいように思いま すけどね
それに比べて優勝の可能性を残していたアーセナルの寂しい散り方は・・・
さて今夜はリバプールの出番です

チェルシーはこの結果でアンチェロッティを斬るなら、それならもっと早くに交代しといた方が良かったってことになると思います。
カカとランパード トレードなんて噂も出てますが、それがあるとすればアンチェロッティ留任が条件となるはずですよね


マドリーはブンデスブーム
まさかと思いましたがシャヒンの移籍が本当に実現してしまったようです。
もう少し自由にプレーできる環境に居てもいいんじゃないかなぁと思うのですが、マドリーのオファを貰ってしまっては、ベンチに座る時間が長くなるかもしれないと判っても二度とないかもしれないチャンスを逃すという選択は難しいんでしょうね。
ついでにアルティントップも獲得するんだそうで、ゲディラ、エジルに続きブンデスで輝く選手を次々と獲得しているということはこの路線はまさしくモウリーニョの好みでしょうから続投確定を意味するんだと思います。
そんなにブンデス好きならバイエルンでも率いてみればいいのにね(似合わないな)
来期の監督人事は大きな動きはないような気がしてきました。
[PR]

by beckham306 | 2011-05-10 00:23 | 欧州各国リーグ戦