ラコルーニャ、リール、デルネリ

昨夜の行われたリーグ戦で優勝、降格のドラマがいくつかありました。

リール優勝
リーグアンはリールが最終節を待たずして優勝を決めました。
ところでリールって今まで優勝したことあるんでしょうか?
少なくともここ20年くらいは記憶にないのですが・・・
常勝リヨンはCL確定を最終節に持ち越してます。そしてその最終節のお相手はなんと勝たないと降格となるモナコです。
モナコ降格って、それもショッキングな出来事かと思いますけど・・・・
3部に落ちたグルノーブルから松井は多分フランス国内で移籍するつもりなんでしょうけど何処のクラブでプレーするのでしょうか?
あまりクラブ選びが上手でないので気になります・・

ラコルーニャ降格
リーガは多分6クラブに最終節次第では降格の可能性が残されてたと思いますが、まさかまさかのラコルーニャが降格となってしまいました。
ソシエダは戻ってきましたが、セルタ、ベティスそしてラコルーニャと一時期はCLにも出場しリーガでも上位を争っていたようなクラブが降格してしまってます。
リーガは2強が際立ち過ぎてますよね。
そしてリーガ最終節マドリーはGKにデュデクを先発させてますが、これでさようならということみたいです。
リバプールを去ってから活躍の場は結局無かったですね。



デルネリ解任
ユーべは最終節を前にしてデルネリ解任を発表しました。
中位、下位のクラブでも手腕を発揮するホジソンのようなデルネリですが、結局ユーべをEL出場権さえ獲得させることなく去ることになりそうです。
後任はOBから選出でコンテが噂されてますけど、欧州杯戦の権利もないと大型補強は見込めないでしょうから、来期も難しいシーズンになりそうです。
デルピエロに最後一花咲かせてあげて欲しいと思いますけどね。

さて今夜のプレミアはどんな結果になるのでしょうか?
[PR]

by beckham306 | 2011-05-22 16:34 | 欧州各国リーグ戦