宮市が労働許可証取得!

ロンドンの暴動余波で10日にウェンブリーで予定されていたイングランドvsオランダの親善試合は中止となっていますので、今週末のプレミア開幕も難しいのかもしれませんね。



宮市が労働ビザ取得

ロンドンから地方都市にまで波及している暴動は若者の失業問題も影響していると言われているイギリスで、素直に喜んでいいものか判りませんが、宮市が労働ビザの取得に成功しています。
A代表実績がない彼が認可されたのは、昨季のフェイエでのプレーのインパクトが大きな影響があったと想像します。

ベンゲルが明言している通りこれでレンタルには出されずガナーズの一員としてチームに帯同することは間違いないでしょうから、あとは出場チャンスがあるときにそれを活かせるかどうかだけでしょうね。
早速リバプールとの対戦もありますが、ウォルコット、宮市の両サイドにズタズタにされるなんて光景も見たいような見たくないような・・・・


エトォーはロシア行きで、その穴埋めにテべス?
ロベカルも在籍しているアンジからエトォーに高額オファが来ているそうです。
インテルは真剣に検討さざるを得ないオファと認めており、放出の場合その替わりはテべスと報じられてます。
しかしエトォはまだ第一線でやれる選手ですので、本当にそれでいいの?って感じですし、テべスに至ってはアルゼンチンに帰ること前提の話をしていて結局実現せず、そして今度はイタリアだとしたら、単にマンCが嫌だっただけになってしまう気がします。
そしてまた帰りたい病が始まるでしょう・・・

マンCと言えばコミュニティーシールドを見ましたが、2点リードして後半で3失点で負けてましたが、まぁマンUとの差はそう簡単には縮まらないことを実感させられましたね。
しかしマンUの2失点後の、あのメンタルの強さは何なんでしょうかね・・・
[PR]

by beckham306 | 2011-08-10 17:11 | 欧州各国リーグ戦