親善試合 日本vs韓国

日本vs韓国
韓国相手にホームでの勝利が10何年ぶり、3点獲ったのは30何年ぶりという歴史的な試合になってしまった訳ですが試合全体を通して組織力もそうですが、個の力も香川、本田という格が違う二人の齎す安定感はかつて韓国戦で感じたことのないゆとりを齎していたと思います。
何より怪我をしなかったことにホッとしました。
気になるのは岡崎ですが大丈夫なんですかね?
彼もブンデス初戦でゴールを決めて好調ですから、今日本に戻って怪我というのは最悪のパターンですからね・・・
3点獲るまでは、何ら危なげない内容だったと思います
その後メンバーを替えていってからは、昔の日本に戻りつつあったというか、スタメンの信頼度の高さを実感できたと思います。
イージーミスから全て相手が外してくれたからいいものの、全て決めてれば3-3の同点で終わってもおかしくないミスをしてましたからね。
あのあたりは予選では決して犯してはいけないものだと思います。
交代メンバーも控えメンバーも次々と欧州でプレーしてる選手が出てくる訳で、松井、伊野波はノーチャンスでしたし、これに長友、宮市、宇佐美がいるのですから、欧州でプレーしてるだけでは代表で試合に出ることなど全く約束されてない状況ですから、時代が変わったことを本当実感しました。
阿部勇樹を代表で久々に見たような気がしますが、家長との中盤下がり目担当は、長谷部、遠藤と比べるのは酷でしたが、レスターをプレミアに上げる活躍をすればザックはまだまだチャンスをくれると思います。

しかしベストメンバーではないんでしょうけど、あんな内容で韓国のメンバーは無事帰国できるんでしょうかね?
[PR]

by beckham306 | 2011-08-11 00:12 | 各国代表