移籍期限最終日の大異動

久々の更新となったので8/31移籍期限の大異動ネタから・・・

リバポ
Jコールはリールにレンタル、ポウルセンはエヴィアン、Nゴクはボルトンに完全移籍です。
そしてべラミーをフリーで獲得して読めるサブFWも補強できました。
ホジソン時代のメンバーを一掃して、DFコアテスも獲得できて今期の移籍市場では最も上手くやったかのように見えましたが、最後に恐れていたことが現実となってしまいました。
メイレレスがチェルシーに移籍してしまいました・・・・
昨期不振のリバポで孤軍奮闘した彼にとって今期の中盤補強とその起用優先度からして、リスペクトされていないことを感じるに十分なものだったと思います。
出場した際も表情は冴えなかったのでモチベーションは高くないとは思ってましたが、最後は自ら移籍志願し同郷の監督のいるチェルシーのオファを受けた形のようです。
それから個人的に獲得希望だったガゴはローマに獲られてしまいましたね。

チェルシー
メイレレスを獲ってベナユンを放出です・・・
トーレスメイレレスが来て輝くきっかけにできるのか、それともチェルシーはリバポの選手の再処理施設となってしまうのでしょうか?

アーセナル
マンU戦の大敗で踏ん切りがついたのでしょうか。
ミケル・アルテタ、ベナユン、メルテザッカー、アンドレ・サントスを補強。
悪くないと思いますがもう少し大物獲っても良かったのではとも思います。 
ベントナーはサンダーランドへ出て行きました。

その他気になったのはスパーズはモドリッチをキープし、クラウチはストークへ移籍という判りやすい飛び道具補強となってます。   


W杯予選 日本vs北朝鮮
本田、長友を欠いたことを抜きにしても格下だろうが簡単でないのはいつものことで、予選はとにかく内容より結果ですのでその意味では、最後の最後で1点決められたことは大きいと思います。
ゴールを決めた吉田がFIFA公式HPでゴールを決めたのが吉田ではなく安田と記載されていたという話は笑いました・・・

QPRがベッカム獲得へ??
今年の11月でLAギャラクシーとの契約が切れるベッカムをQPRが狙ってるなんて記事がありましたが、ユーロ2012出場も諦めてないらしいベッカムにとってそれを現実のものとするためにプレミアでプレーすることは大きなステップだと思われますので是非復帰して欲しいものですが、バートンとベッカムがプレーするQPRは実現するのでしょうか?
[PR]

by beckham306 | 2011-09-03 20:46 | 欧州各国リーグ戦