ストークvsリバプール

今年の911は、911から10年目であることと、311から半年というそんなことが重なって良い訳のないものが重なった一日でした。
911のドキュメンタリーなど改めて観ると当時のことが蘇ってきました。
これからはどうなるかは判らないまでも少なからず世界が変わってしまうんだろなぁと思ったこと、翌日以降全く仕事など手に付かなくなったこと、この事件を遠くの関係ない世界のこととしか思わない上席と決定的に上手くいかなくなり、その後いろんなことが重なり結果その会社を辞めることになったのも、911がきっかけとは言いませんが今でもしもしあの事件が無ければどうなってたのかなぁ?と思ったりします。

自然の猛威と人為的な出来事の差は大きいですし比べることなどできませんが、原発事故の本当の実態全てを今尚知らされない状況の中で、生きていかなくてはならないことだけは確かなことです。

ストークvsリバプール
審判の判定が不安定だったのは最初ッ~でしたので、それにより有利なケースもありましたが、その帳尻合わせがあのPKではぶち壊しです。
しかもあの1ゴールが決勝点になってしまったのですから言葉を失いますが、でも内容的には良くてドローだったんでしょうね。
クラウチ、ペナント擁するストークに良いとこなかったですもんね。(クラウチ怖くなかったですが)
アダムを初めとして中盤が酷く、得点の匂いはスアレスの個人技しか期待できない感じでしたね
キャロル、べラミーの極悪人顔コンビも効果無かったですしね。
ジェラードが戻ってくれば大きく変わるんでしょうかね?
まだまだ安心して観てられるチームじゃぁないです。
[PR]

by beckham306 | 2011-09-12 00:44 | 欧州各国リーグ戦