ベンゲル やっぱり有り得ねぇ・・

ベンゲル 日本代表監督就任の噂ですが、
少し冷静になって考えてみると、今更ですが2006WC後から就任というのは有り得ない
要因が多いことに気づいてきました。
日本では名古屋グランパスを立て直した実績で神格化されてますが、
あのときの彼と今では築き上げた実績、地位共に置かれている立場は
そもそもあまりにもギャップがあります。

・ベンゲルがアーセナルとの契約は、2008年夏迄。
・2006-2007シーズンから、建設中のエミレーツスタジアム(6万人?収容)
 にハイバリーから移転し、入場料収入Up等でクラブの収支が大幅に改善
 することが予測される。
・引退間際に代表監督をやりたいとは言ったかもしれないが、それはアーセナルの
 次のステップを指すとは言えない。
 裏を返せば年間10~20試合程度の代表監督は、キャリアの最後に体力的に 
 厳しくなってもできるという意味かも。
・彼は金に固執するタイプではないような気がするが、現在の彼の置かれた立場で、
 年俸を下げてまで日本に行くメリットは全く無い。

日本側の希望的観測、願望があまりにも大きすぎるとは思いますが、
有り得たとして2008年夏~ではないでしょうか。
彼は2年でチームを作れると発言したとのことですが、
2008年~ならWC迄2年ありますね。
この場合 予選にチーム造りが間に合うかという疑問はあります。

そこでベンゲル招聘必勝体制としては、2006年WC後の代表監督はベンゲルご指名
にする。(最低条件:トルシエ以外)
そして2年掛けてベンゲル好みの体制を下地を作って2008年からベンゲルに引き継ぐ。
っていうのご提案するのはどうでしょうか?

勝手なことを言いましたが、あらゆる物を投げ打っても日本の面倒を見たいと言ってくれ
たとしても冷静に考えればかなり厳しいんでしょうね。
アーセナルで来年以降潤沢な資金で、もう一度選手を買い集めてプレミア、CL制覇を
達成して且つフランス代表監督やった後にだったら本当に来てくれるかも・・・

ただ昨夜のブラックバーン戦を見ても最近かつてのアーセナルの強さというか、
負けない雰囲気が出てきました。
今年もしCL優勝するようなことがあったら、モチベーション維持できるんでしょうかね?

日本代表は現実路線として、オシムじゃないでしょうか・・・・・
[PR]

by beckham306 | 2005-11-27 15:37 | 各国代表