ベンゲル 2008年~日本代表監督!

でたぁ またかよって感じですが、ベンゲル 代表監督就任説です。
スポーツ報知の独占?インタビュ-に応じたとされる ベンゲルのコメントで、

 「私には2008年シーズン終了後まで、アーセナルと契約がある。新しいスタジアムもすぐに完成する。私はアーセナルとの契約を尊重するつもりだ。だが、確かに2年後に何が起こるか分からない。私に日本代表監督という声があるのは、光栄に思っている」

だそうだ。

昨年12月川渕Cがロンドンで会談したとされる時期に、大々的に待望論が報じられた
際 当Blogでも連日取り上げた記憶があります。
(ないと解っていても期待してしまう自分がいる)

そのとき総括的に且つ客観的?にベンゲルの置かれた状況を下記に纏めましたが、

お題: ベンゲル やっぱり有り得ねぇ・・ http://beckham306.exblog.jp/3135183/

無理と解っていても、あり得るとしたら2008年は直近で唯一のタイミングなんだと思います。
うーん じゃぁそれまでの2年オシムにやってもらおうよ

この記事の最後にこう書かれている
--------------------------------------------------------------
「アーセナルとの契約を尊重する」と話したベンゲル氏だが、今季のアーセナルの成績から、
ドイツW杯直後の日本代表監督就任の可能性は残されている。

 ベンゲル監督は就任以来8年間、リーグ2位以内を守り続けているが、若手抜てきを強調
する今季は、3日現在5位。首位チェルシーと勝ち点24差も離され、欧州CLなどカップ戦に
望みをつなぐしかない状況だ。チェルシーのモウリーニョ監督との“敵対関係”も、ストレスと
なっている。のぞき見発言など挑発的な新鋭との確執が英国メディアに大々的に報じられ、
仏代表FWアンリのバルセロナ移籍問題も噴出と、状況は、決して良くはない。

 その一方、W杯3大会連続出場を果たした新興国、日本に対する愛情は根強い。ドイツでも
母国以外の全試合の観戦を明言。「代表監督は60歳を過ぎての仕事。日々プレッシャーと
闘っているが、フルコミットできるクラブ監督の方がいい」を持論としてきた名将に、心境の
変化があってもおかしくはない

----------------------------------------------------------------

ずいぶん煽るよなぁ 心境の変化なんか起こるかよ!
2006年WC後にアーセナル→日本代表は 有り得ないでしょ
最近のアーセナルの状況だと こうゆうこと言われても仕方ない気もするけど、
ヴィエラもアーセナルは迷走してるなんて発言してるしね。
しかしベンゲルが日本代表なんてヨーロッパでは誰も こんなこと信じないんだろーな

「確かに川淵氏とは会談を持った。だが、今のところは何も起きていない。個人的に感じることは、日本サッカー界にとって、現時点で最も重要なことは、(6月の)ドイツで行われるワールドカップに全神経を集中すること。誰が次期監督なのか、それが私なのか、この議題を考えることは重要ではない。今、日本はジーコ監督へのバックアップと、W杯への最終的な準備に全力を注がなければいけない」

そのとおりですね。

でもなんとかならないもんですかね 
うーんまたしばらく頭から離れない ベンゲルベンゲルベンゲルベンゲルベンゲル・・・・
[PR]

by beckham306 | 2006-01-05 21:17 | 欧州各国リーグ戦