ドナドーニ リボルノ監督辞任 ということは・・・

現在セリエA 6位につけている リボルノのドナドーニ監督が突如辞任を発表しました。
前節メッシーナ戦の采配を会長に批判され、それが原因での辞任とのことです。

積もり積もったものがあるんでしょうが、穿った見方をすれば
裏がありそうな気もしないこともないですよね。

会長にクビにされたという大義名分で辞めて、
これで今シーズン中にも ミランの監督就任も有り得ない話じゃ
なくなった訳ですよね。

ミランも今シーズン終了迄 このまま我慢するとは思えませんしねぇ
ここ数試合の結果次第で 即さよならアンチェロティってことですか?


そのリボルノの監督に就任するのがマッツォーネです。
てっきりBでボローニャの監督続けてるのかと思ってました・・

マッツォーネが監督ということは、中田ヒデでしょ
今シーズン終了後ボルトンに買って貰えなかった場合
選択肢として挙がるんじゃないですか。

ヒデには、ボルトンで活躍して完全移籍もしくは、プレミアで他のクラブに
買われるようになるのが一番いいことなんですけど、
行き先に選択肢があるのは気持ちに余裕ができて良いことなんじゃないでしょうか。
[PR]

by beckham306 | 2006-02-08 22:48 | 欧州各国リーグ戦