海外日本人選手の近況

最近の海外日本人選手の活躍具合について

中村修輔は、クラブも首位独走状態で彼も王様っぽく活躍しちゃって
最もクラブと本人が安泰な選手でしょう。
デルピエロとの対決だけが気がかりなとこでしょうか・・・
そういえばロイキーンは引退なんですか?

問題はその他ですが、
所属クラブが最も調子が良いのは、高原のいるハンブルガーSV
昨夜の試合にも勝利し 首位バイエルンに1試合消化が多いですが3P差の
単独2位です。
2位を争ってたブレーメンはCL敗戦後ぼろぼろで、勝手に離れていってくれました
ので 2位とは言わずにシュバインシュタイガー八百長騒ぎでゴタゴタしている
バイエルンを最後まで追い回して欲しいものです。
その中で高原は出番はシーズン後半から確実に増えてますが、結果の酷さは際立ってます。
プレーそのものを観る限り本人は好調のように見えますが、未だ得点無しです。
逆に交代して入ったラウトが得点したりと、UEFACUPも負けたので
今後出番激減は間違いなし。
このままではCL出場権獲っても高原は来期はここには居られないでしょうね。
ただ彼はドイツで他のクラブに行くことはできるでしょうね。


中田ヒデは、ボルトンで 一時よりは期待されてる雰囲気ありましたけど何かあまり
FAカップに温存なんて言われながら使われなかったり、かと言って昨日のサンダーランド
戦も出番無しですし アラダイスもどう考えてるのかよく解りませんし、
ヒデもこれといった光るプレーができてる訳ではないと思いますし、
いろんな意味で煮え切らないです。正直最も先行き不透明な立場ではないでしょうか。
 
チームは2試合消化が少ない状態で2P差の7位ですから 4位以内も夢ではない
位置にいるのですが、観てて楽しくないと思うのは僕だけでしょうか。
そういえばボルトンは、バレンシアで出番のないクライファートを獲得し、
得意の個人版民事再生を施す噂があります。
FWがいまいちなクラブですからこれはとてもよろしいかと思います。

同じプレミアのWBA稲本クンは、クラブは17位で定位置の降格争い圏ギリギリです。
本人は クラブに欠かせない存在になりましたので、彼的には充実してるんだと思いますよ。
これはこれで安心かと

松井のルマンは、7位でPSGより上なんです。
本人は言うまでもなくチームの柱。
このままWCでも活躍して(ジーコの松井の使い方がよく解りませんが)
来期は上位クラブへステップアップして欲しいです。

中田浩二はバーゼルはリーグでは首位、UEFACUPも勝ち残っており
良いクラブに行きましたけど、本人はマルセイユ在籍時に出場しちゃいましたので
出られません。移籍早々1得点して幸先の良いスタートはきったんですけどリーグ戦
スタメンかと言えばそうでもありません。
実際のとこどうなんでしょうね。代表でも三都主の起用方法次第では重要なポジションに
なる可能性のある選手ですので状態が知りたいです。


平山は一時の代表待望論から無得点が続いちゃってますけど、
クラブも現在13位。そもそも1部にいるのが精一杯のレベルですので
活躍すれば目立てるうですけどね。
もう代表には呼ばれないんだろうな。
ただ彼の場合来期 上位クラブ(フェイエ)へ移籍できる可能性は十分あるので
まだまだ諦めないで頑張って欲しいと思います。
次のWCでは主力になるべき人材ですからね。

もっと深刻なのはマジョルカの大久保。
監督がマンサーノに代わってから 彼の状況が好転しているとは思えません。
昨日のラシン・サンタンデール戦もベンチ入りもしてません。
チームはマドリーに勝ったりして一時期の降格圏内から15位に浮上。
しかし最下位の20位マラガと5P差にひしめき合ってますので全然安心できません。
彼も今年限りのような気がします。
C大がJ開幕スタートで躓いてますから、後半テコ入れ要員に丁度いいかもしれません。

もう一人忘れてませんか?
ズベズタに移籍した鈴木ですけど、うーん はっきり言って駄目みたいですね
ストイコビッチはレッドスター日本ツアーをやりたいだけみたいです。

まぁシーズン終了間際に活躍したりすると、何もかも帳消しになったりしますから
まだまだ解りません。
終わりよければ全て良しですから!
[PR]

by beckham306 | 2006-03-19 17:27 | 各国代表