リバプールvsアストンビラ

この試合の前にチェルシー優勝決まりましたね。
おめでとうです。マンUに3-0と文句無しの優勝でした。
マンUは負けたことよりルーニーの具合がとても心配ですね。
(*右足の第4腓骨骨折らしいです)

アンフィ-ルドでの今期最終戦ですが、
今シーズン殆ど話題にもならなかったアストンビラとの対戦、見所はバロシュとの
対戦というとこでしょうか。
バロシュは自分亡き後のリバプールの躍進をどう思ってるんでしょう?
アストンビラってアンヘル、バロッシュとおもしろいFWが揃っていてもっと強いイメージがあるんですけどねぇ。
あとDFのスウェーデン代表キャプテンのメルベリは最高です。
こんなにいろんな意味で格好いい親父はあまりいません。 

試合は前半開始早々にモリエンテスシャビアロからのスルーパスをうまくDFをかわして流し込みました。
解説の粕谷はこれはビラのDFが緩くて入れて当たり前だぁ みたいなこと言ってましたが、そのイージーなシュートをこのチームのFWはこれまでどれだけ外しまくってきたことか・・・
そういえば今日の粕谷は奥歯に何かが挟まったかのような控えめなコメントに徹してた気がしますけど気のせいか・・
前半淡々と終了。
後半は、バロシュ下がってアンヘル登場。彼の捌きは効いてました。
そのアンヘルのクロスから1-1にされて、盛り上がってきたのもつかの間、
ジェラードの彼ならではのCKへ走りこみながら角度のないところへ叩き込むゴール。
その後 弾丸ミドルシュートも決めてジェラード劇場!
3-1で勝利でした。

ルイガル、キューちゃんとサイドアタッカ-が誰もいなくなってしまい、最近サイドがお得意のシセを使ってましたが今日は目立たなかったかな。
クロウカンプはまだ遠慮してますよね。守備面よりボールを持ってからの上がりに特徴がある人ですけど、自分で撃ってもいいのにと思う場面でもクロス上げてたりして、相手にもこいつ撃たないなって読まれてるよ。
もっとガンガン行っていいと思う。
そうゆう意味ではトラオレも中途半端な選手になっちゃってると思います。
ヒーピアは決定的なミスがありましたね。すぐ衰えが見えるって言われちゃうんだけど、前から そんな完璧なDFタイプではなくて危なっかしいとこ たまにあったと思うんですけど。それを補うすばらしい読みとかが売りだと思う あのおじさんは
そしてクラウチは、いつもの彼でした・・・

序盤に先取点とって、その後ジェラード劇場で軽く勝ったように感じますけど、
目標のないビラが緩かっただけで、得意のサイド攻撃が機能しないリバプールはそんなに良い状態ではないですよね。
FAカップもルイガルは使えないことが確定したわけですし。

1試合差がありますけどこれでマンUに勝ち点は並びました。
マンUは残りミドルスブラ、チャールトン戦を残し、リバプールはポーツマス戦だけです。
ポーツマスは今日で残留を決めたんじゃないかと思うので そんな緊迫した試合にはならないと思うけど 2位争いは得失点差になる可能性有りです。
でもFAカップに集中して最終戦は軽くやったほうがいいかもですね。
いまの状態でこれ以上怪我人でも出したらまずいし。
[PR]

by beckham306 | 2006-04-30 01:31 | 欧州各国リーグ戦