番狂わせの少ない今大会 チェコ、イタリア・・

「プランが無ければ運も来ない」 痛ぁぁ・・
オシムも頷いているであろう このヒディングのコメント
神風ジーコをマットに沈めたあとも殴り続けるかのような厳しい言葉です。
俊輔のゴールも審判がミスを認めたという報道もありますし、勝ったとしても問題あったかも・・

気を取り直して昨夜のメインの2試合の内容ですが、

チェコvsアメリカ
この試合は日本の負けを引き摺りながら 起きてられましたよ。
豪華な面子もピークを過ぎた年寄りだらけで、前大会のフランス状態にならなきゃいいなと思ってましたが、そんな心配は見事に払拭してくれました。

モナコ移籍のコラーの豪快なヘディングで先制 
前座の日本vsオージーとはスピード、迫力が違います。
アーセナル行きは伊達じゃないことを証明するかのようにロシツキーは綺麗なミドルと駄目押しの2点獲りました。
ベンゲルは 高いお金を払って良かったと頷いてることでしょう。
しかし今大会はミドルシュート撃たないと損ですね

ネドベド、ポポルスキーも元気でした
ヤンクロさん久々に観た気がするなぁ
コラーの怪我は駄目っぽかったですね モナコ関係者蒼ざめてるでしょう
交代はお約束のガリバー2号ログベンツ

アメリカ相手に3-0は良い意味で意外でした。
アメリカは強いんでしょうけど ここが勝ち上がってもWC的には盛り上がらないですからね これでいいんじゃないでしょうか


イタリアvsガーナ
この試合は瞬きしたつもりが20分くらい 経ってる状態でした。
よって殆ど見てません・・

ガーナは先日のコートジボ・・・があまりにも良かったので、その再現となるかと期待しましたが、ガーナにはドログバのような存在はいませんでしたね。

イタリアはトーニ、ジラの先発でしたがトーニは良いんですがジラは 吹っ切れてないですね、知らぬ間にイアキンタに交代してましたが
そのイアキンタが終了間際バックパスを奪取し2点目 
ピルロも綺麗なミドルで得点しました 
やっぱりミドルを撃つべきだ!と確信!
トッティは髪をずいぶん短くしましたね?
終わってみればここも死の組っぽかったですけど、皆さんが勝って欲しいと思ったイタリア、チェコが順当勝ちでした。

思えば今大会ここまで 番狂わせは殆どないですよね。
スウェーデンが引き分けたことくらいでしょ。
日本が負けたことを番狂わせと思う人は世界中に誰一人いないでしょうし。


最後にニュースをひとつ
ファン・ペルシ 独りよがりなロッペンを批判!
先日一人舞台でオランダを勝利に結び付けたロッペンですけど、あまりにもチームプレーを度外視した独りよがりな振る舞いにチームメイトから批判の声が出ているようです。
「なぜあのようなプレーをしたのかチームメイトに説明する必要がある」
とお冠です。
ロッペンは「オレが点入れなかったら 勝てなかっただろ!」と言い返しそうですけどね。
この不協和音 気になります。
ちなみにニステルは ピッチ状態が固くて 良いプレーができない!と怒ってます・・・
あのぉ 今大会の芝生はオランダで養生したはずじゃなかったでしたっけ?
[PR]

by beckham306 | 2006-06-13 09:54 | 各国代表