アルゼンチンvsセル・モン

いやぁ 凄い試合でした
激しい点の取り合いではなく、一方的且つ圧倒的なチーム、個人の差を魅せつけられました。
6-0!相手はサウジじゃねーんだぞ(失礼)
先日のスペインvsウクライナとは違う凄さでしたね。
スペインの大勝はウクライナが初出場初試合で呑まれてしまったことが多少也とも影響してますがセルモンは弱い訳でも経験が無い訳でもありません。
だけど何もできなかったのです。
今日のアルゼンチンを見たらウクライナ戦のスペインは霞んじゃいましたよ。

アルゼンチンの得点シーンも全て流れの中からのもの。
カンビアッソが決めたゴールなんかは、チーム全員でダイレクトパスで回したボールをゴール。
普通は3-0くらいでスローダウンするんでしょうけど、途中交代でテベスそれから今日は出てこないと思っていたメッシを投入で勢い止まらず!

テベスは意地になって決めちゃいましたし、メッシに至ってはわずか15分の間に1アシスト1ゴール!
なんなんだメッシ !
それもマラドーナの見てる前で!
正にベールを脱いだアルゼンチンて感じです。
この試合は歴史の節目に当たるんだと思いますね 伝説の始まりとして!

アジャラ、ソリン、エインセ、ブルディソと守備面も磐石ですし、大人になったリケルメがコントロールする攻撃陣は、クレスポ、サビオラ、テベス、メッシこれにまだアイマール、フリオ・クルスが控えているという豪華な布陣。
(インテル裏エースのクルスはこれでは出番は無さそうですが)

アルゼンチン これは一気に大本命に躍り出たかなぁと・・・
恐るべしアルゼンチン!

セル・モンは気の毒でした。実力を発揮できなかった とは違うでしょ。
気にすることはありません アルゼンチンが良すぎただけです。
堅守が売りのセル・モン 欧州予選はスペインを退けて1位通過だったんですよ。
これでセル・モンはグループリーグ敗退がほぼ決定。
セル・モンとしての最初で最後のWCは事実上終わってしまいました。
スタンコビッチなんか何もさせてもらえなかったなぁ
ケジュマンも不発 
ミロシェビッチも これで代表は終わりでしょ

セル・モン完全に死の組の犠牲者になってしまいました。

次はオランダvsコートジボワールです
オランダは別格感が出せるでしょうか?
[PR]

by beckham306 | 2006-06-17 00:34 | 各国代表