オランダ、メキシコと木村和司について

オランダvsコートジボワール
すいません死亡推定時刻 13時50分 前半終了時迄しか記憶にありません・・・

死に体のセルモンに腹を空かせた野獣を二匹 解き放したアルゼンチンの起きて破りの試合運びに対してオランダが 何を魅せてくれるのか注目しましたが・・・

ファンペルシーのFKは美しかったです
コート・・は壁の作り方は いまいちな気もしましたが、あんな速いFKを狭いところを通されたらGKのせいにはできないですね。
2点目はオランダ待望のニステルのごっつぁんゴール!
別に彼じゃなくても決められたでしょうけど・・
そしてコート・・に1点返される という展開
その後スコアは そのまま終わったみたいですけど、内容はオランダが守備的になったみたいですね。
ドログバは累積警告で次戦出場できなくなっちゃいましたし・・
この試合審判イマイチでしたね

これで死の組はアルゼンチン、オランダがあっさり勝ち抜けを決めてしまいました。
コート・・は2試合とも善戦し個々は素晴らしかったのですが、序盤に失点してしまう試合運び、経験の無さがこのレベルでは大きく響きましたね。
セルモンはピークを過ぎた経験豊富な名選手と将来を嘱望されてはいるが経験のない国内組という組み合わせが悪い方向に出てしまいました。
アルゼンチン戦は 自分達を責めても仕方ないですよ。

勝ち抜けたオランダとアルゼンチンに共通するのは、欠かせないと考えられた所謂ベテラン外してちょっと心配になるくらいの若手主体で望んでることです。
WCという舞台で経験の少ない選手が主体であることが どう作用するかと思ってましたが、昨夜の試合を見る限りアルゼンチンは勢いに乗ってしまった感じですが、オランダは正直どうなんでしょうか?
2連勝という結果程 内容はよろしくないと思います。
その両チームの直接対決は どの程度差があるのか楽しみです 


メキシコvsアンドラ
WCに捨て試合なんて存在しないことが よく解りましたよ。
アンドラは初戦ポルトガルに開始早々1失点で それだけで負けただけですからメキシコ相手にそこそこやってもなんら驚きではないんですけどね。
ただこの試合 アンドラは守りに守ったGKの一人舞台だったようですけど・・
このGK かれこれ1年所属クラブ無しで実戦は代表の試合だけという、現代のプロフットボール事情からは考えられない人です。
この活躍で どこからかオファあるでしょうかね?

これでメキシコは3戦目ポルトガルに勝ちにいかなければなりません。
ポルトガルも決して順風とは言えず、今日のイラン戦勝ち点3を獲っておかないと かなり縺れることになります。
イランはダエイを起用しないようですので、期待しちゃいます。

死の組C組があっさりと決まり、戦う前から結果は決まっていたかのようなD組は混戦模様となってます。
本当わからないものですねぇ


話は全然変わりますが・・
前々から感じてたことですが、NHKの解説をやってる木村和司氏って、言葉が足らないというか「そうですねぇ」「んー」とかばっかりで解りやすい説明の欠片も感じられないし、専門家じゃない人への説明というTVの解説という立場を数有るかつての解説員の中から彼を起用するのは どうなのかなぁ?と思ってましたけど、そう感じるのは僕だけではないらしく今回のWCの中継でも彼の解説に対してNHKに批判の声があるみたいです。

勝手な想像ですけど彼は天才であるが故に、人に教えるとか、自分から下々の次元に降りてきて、同じ目線で語るとかゆうことが上手にできないんでしょうね。
試合中 プレーに対して彼ならではの思うところがあるはずなんですけど、それを 普通の奴に言っても解るわけないしなぁ と思うのか、噛み砕いてうまく説明もできないだけなのか 解りませんけど、要するに解説員なんて最も向いてない類の人なんですよ。
(指導者としても不適格かも)
もしかしたら 現代のフットボールに最新事情に関心も無く、感覚的について来れてないのかもしれないですけど。

昨夜の日テレのようにさんま、ゴン・・と解説というより単なるお祭り事にしちゃうのも 純粋に試合を見たかった方々にはご不満はあるんだと思いますけど、誰もが見るイベントの解説として、要所要所を噛み砕いて適切な言葉、その人なりの言い回しで解説できる人選を御願いしたいですよね。
NHKは往年の実績のある名選手、名指導者という選定基準ですが、オージー戦の山本氏も何言ってるかよく解らなかったですしね 今後の為にも考えてもらいたいですよ。
今は若い人でおしゃべりの上手な人たくさんいますからねぇ
ちなみに日本vsブラジルは木村和司氏が解説みたいですけど・・
[PR]

by beckham306 | 2006-06-17 19:57 | 各国代表