ニステルはバイエルンへ?他

イタリア優勝の興奮も冷め遣らぬ今日この頃ですが、とても今朝のこととは思えない程過去のことにも思えたりもしてます。

それにしてもマテラッツィがジダンに何を言ったかについてですけど、 
sports navi.comによるとイングランドの『ガーディアン』紙は、
「マテラッツィがジダンを“テロリスト”呼ばわりしことが発端だ」
と報じているとのことですが信憑性は定かではありません。
マテも口を噤んでいることから ろくでもないことを言ったことだけは間違いないんでしょう。

WCも終了し移籍関係の話題も一気に表面化してくるものと思われますが、

ニステル バイエルンへ?
ルンメニゲ会長が語ったところによりますと、ニステルはバイエルンに来たがってるとのこと。
マンUとの契約はあと2年ありますが、ファーガソンとの確執からそれなりの金額が提示されれば 即放出の可能性は高いような気がしますが、ファーガソンは二ステルは戻ってくるとコメントしてます。
本人に戻る気は無さそうですからね・・
バイエルンは既にこのWCで大活躍のポドルスキーをケルンから獲得済みですから、ニステルが加われば 良さげな戦力に見えますよね。
下り坂だったマッカ-イもそれなりに活躍できましたから、二ステルもドイツでもう一花咲かせるかもしれませんね。
バイエルンはあとはバラックの後釜探しだけでしょうか。
ニステルとクリロナが出て行きそうなマンUは、補強を急ぐ必要がありそうです。


テュラムはバルサへ?
リリアンはユーべB落ちの場合バルサ行きを交渉中とのこと。
実現したら強いなぁ バルサDF


フォルラン、マキシ・ロドリゲス、ホアキンは残留の方向
今オフ移籍が噂されていたビジャレアルのフォルラン、アトレティコのマキシ・ロドリゲス、ベティスのホアキンはそれぞれ残留の方向のようです。
ホアキンは出たかったでしょうけど、マドリーがホアキンを押した会長さんが落選しちゃいましたから仕方ないですかね。
イルレタのベティスもおもしろそうなので、それはそれでよろしいのではないかと期待します。

そのマドリーは獲得公約のセスクは今オフにアーセナルを出ることは今のところ否定してます。
カカはミランがB落ちすれば考えるのかもしれませんけど無さそうですね。
ロッペンは解りません。
チェルシーはマドリーとロッペンの接触に神経質になってますが、それはある意味クラブ間での交渉有りきという考えからだと思われます。
ということは交渉次第では・・・

カペッロは早速ロナウドに、「走るか出て行くか どちらかだ」と厳しいトレーニングを課すつもりのようです。
あっさり出て行ったりして・・


最後に
小倉理事 2010年W杯 アジア枠4.5→5枠へ増加を要求!
FIFA理事の小倉さんはアジア枠を4.5から5へ増やす提案をAFCからFIFAに要求するそうだ。
「アフリカはガーナ、北中米もメキシコが決勝トーナメントに残っただけ。南米もパラグアイが敗退しており枠を増やすほどではない」と話した。次回からオーストラリアがアジア予選に参加することもあり強く主張する」そうだ。

身の程知らずも限度がありますね。
むしろ自ら進んで「我々アジアのレベルでは恐れ多くて、枠を狭めて頂きたい」と言って欲しいです
日本の出場の確率云々は抜きにして正直アジア枠は豪州が加入してもせいぜい4枠でしょ。
北中米枠も3.5→3枠 
オセアニア0.5枠含めた浮いた2枠を欧州に増加ってのは如何でしょうか?
レベルの高い試合を見たい側としては、これ以外にアフリカ枠も1減でもいいけどアフリカ開催だからなぁ
[PR]

by beckham306 | 2006-07-10 22:33 | 欧州各国リーグ戦