ベルカンプ引退試合

昨夜 ベルカンプの引退試合が放送されてました。

アーセナルの新しい本拠地エミレーツ・スタジアムのこけら落としも兼ねていました。
ハイバリーとは比べ物にならない程大きく近代的なのは当然ですが、無国籍というかイングランドのスタジアム感は薄いように感じました。
むしろハイバリーの素晴らしさを再認識って感じです。

ベルカンプの引退試合はアーセナルvsアヤックスという形式で行われた訳ですけど、試合前からクライフとファンバステンが談笑してるとこが映し出されたり、ヴィエラとダービッツが仲良くしてたりと、ドキドキさせる絵でした。
しかしベルカンプは確か2年(3年?)インテルにいたのに、それについては全く触れませんでしたね。
いいとこ無かったですからね シュートがことごとく入らなかった覚えがあります。彼的には葬り去りたい過去なのかもしれませんが、インテル時代迄の彼はサイボーグのように研ぎ澄まされてあれぞベルカンプって雰囲気でしたよね。
その後アーセナルに来てから中身も外見?も丸くなった気がします。

セレモニーとして綺麗な奥様と息子さん、そしてベルカンプが娘さんを抱きかかえ観客に挨拶して、その後フットボール選手のベルカンプの父と、ベルカンプ、そしてベルカンプ息子による3代でのキックオフが行われ感動的なものがありました。

試合は、前半はそれぞれ現役若手選手主体での試合で、正直おもしろくありませんでした。
スタムがアヤックスの若手スタメンに混じって出てたのが浮いてましたね。
アーセナルはW杯出場した選手は出てきませんでした。

で後半は往年の名選手が出てくる訳ですけど、すいませんウトウトしてしまい殆ど見てないです。
アーセナル側はアンリ、ヴィエラ、シーマン、パーラー、プティ、イアン・ライト、ファンブロンクホルスト、カヌー
アヤックス側は、ライカールト、ファンバステン、ブリント、ファンデルサ-ル、デブール兄弟、ダービッツとこれぞオランダ!みたいな面子だったみたいです。

最後にはヨハン・クライフがプレーしたらしいのに何の為にTV点けてたのかよく解りません。
とっても良い雰囲気の引退試合でしたが、解説が粕谷氏だったことが唯一残念だったことでしょうか?

ベルカンプは指導者としても大成すると思いますので、アーセナルもしくはアヤックスのコーチ、監督、またはオランダ代表監督等 様々な舞台で期待されているんだと思います。

本当にご苦労様でした。今後の違うステージでのご活躍をお祈りしております。

----------------------------------------
追記  再放送観てしまいました・・

いやぁ後半は凄かったんですね
ファンバステンとクライフのパス交換て・・・
クライフがボール蹴ってるのナマで初めてみたかも
心なしストイチコフに雰囲気が似てた気がする
ファンバステンのテクニックを今更ナマで見れるとは・・
ライカールトがもう全然プレーできないのとは対照的だ
粕谷アンリライカールトをチンチンにしてやればおもしろいなんて 言ってやがった
ダービッツへのブーイングは この試合であそこまでされるのかよって感じ
ダービッツの決定機を後ろからおもいっきり蹴ってPKにしてましたね やり過ぎか
スタムは真面目に守備しすぎ 手を抜くのも難しいんだろうけど
ファンバステンは最後ベルカンプといろいろ話てましたね 代表手伝ってくれよ!って感じでしょうか。

最後はヴィエラとアンリに肩車されてました 
やっぱりヴィエラは出て行くべきじゃなかったんだよ・・

いいもの魅せてもらいました。


*コメントスパム多発の為 ただいま不本意ながらコメント入力条件絞らせて頂いてます。
[PR]

by beckham306 | 2006-07-23 15:34 | 欧州各国リーグ戦