ベンゲル、マルティンス、シアラー、ジョルジーニョ

ベンゲル モウリーニョへのいやがらせを画策!
って凄いタイトルだなぁ
僕がつけたんじゃないですよ  マ・ル・カ!です

もはや関係修復不可能なアシュリー・コールベンゲル
売りに出すのは仕方ないにせよ チェルシーにだけは如何なる手段を講じてでも渡したくないというお話。   
なんでもチェルシーより安い金額でもマドリーに売ることを考えているらしい。
チェルシーの提示額36億に対しても首を縦に振らないが、マドリーなら26億くらいで手を打つと書いてあるが・・
しかしアシュリー・コール本人はどっちでもいいのか?

マドリーはアシュリー・コールが獲れればロベカル放出するような気がします。
ロベカルは実は残りたいけど、自分の意向だけではどうにもならないというのが実情かもしれません。
だとしたら冷てーなカペッロ


スパーズ マルティンスを気に入る
先日 インテルと親善試合を行ったトットナムですが、この試合でマルティンスを気に入ってしまったようです。
スパーズはキャリック売却資金がタンマリありますから・・・
トーニ、ズラタンがインテルに来るようなことがあれば 現実味が増すのかもしれません。
青黒チームは陰の功労者をあっさり売っちゃうなんてことがあっても驚かないけど。
ところでフリオ・クルスはどうしてるの?


ジョルジーニョ セレソンコーチ就任
元鹿島の懐かしのジョルジーニョが昨日のバイエルンOB戦来日急遽取りやめになったのは、セレソンのアシスタントコーチ就任絡みでした。
ドゥンガに強く誘われたみたいです。
ちなみにジョルジーニョはクラブでの監督経験は既にあります。
もうこの世代が代表、ビッククラブの監督、コーチの時代なんですね。
本当 歳を感じます。


シアラーはお断り
方やアラン・シアラーはマクラーレンからの代表スタッフ就任のお誘いをお断りしたそうです。
理由はまだフットボールから離れて家族と過ごす時間を大事にしたいとのことです。
当分BBCのコメンテーターを続けるようです。
まぁゆっくり休んで下さい、次はニューカッスルの監督の座が待ってるんですから。
[PR]

by beckham306 | 2006-08-01 22:38 | 欧州各国リーグ戦