ベッカムはもう代表復帰できない?

ベッカムがイングランド代表に選出されなかったことは、物議を醸し出しているようです。
僕もそれなりにショックです。
報道されてる それぞれの発言を拾ってみました。信憑性は定かではありません。


マクラーレン監督
「ドアは常に開いている」
「決して扉を閉ざすことはない」
「7日にデビッドに伝えた。チームを変えたい、違う方向に持っていきたい。その中に君は含まれていないと」
「彼は私の話を受け止めてくれた。でも心から失望していたよ」
「扉は開かない…あっ、失礼」(本音ポロリ)

マクラーレンは、ドイツWC時から決めていたんだと思いますね
 ベッカムのクロスでしか得点できないチームに不可欠な存在でありながら、彼が 居続ける限りサイドの攻撃を変えることはできないと・・
 マクラーレンはレノンを高く評価してると言われてますし、彼が育てたミドルスブラのダウニングもサイドを 駆け上がる選手ですし、結局ロッペンタイプが欲しいんですよね。
 古き良き時代のマンUのサッカーじゃなくて・・


ベッカム
「自分のポジションのために戦い続ける」
「到達できれば素晴らしい瞬間になる」
「外さないでくれ」と号泣
「どうして外れなければならないんだ」と周囲に当たり散らした
「オレを切らないでくれ、スティーブ。少なくとも、あと6回は呼んでくれ」と懇願

ベッカムの気性が激しいのは今に始まったことではありません。
 ただ「あと6回呼んでくれ」は、約束できるものではない気もします
 WCが終わり4年後に向けてどの国も新しいチームが始動する訳で、イタリアなんか優勝メンバーが殆どいないところから始まりますし、ベッカムがもし必要だとしても今の段階で若者を登用することはなんら不思議ではありません。
 しかし ここまで悲壮感が露にしたということは、マクラーレンの言葉に復帰はない!という真意を感じ取ったからなのでしょうね。
 8月上旬にはギリシャ戦への意欲を語っていただけに・・・
 

匿名の代表選手
「ベッカムは力を持ちすぎた。練習時間や食事の場所まで彼の気まぐれで決まった。みんな、うんざりしていたんだ」

*チーム内で浮いた存在だったとの声有りだそうです 中田ヒデみたいだな
 偉大な選手であれば、そうゆう存在になってしまうのである程度仕方ないとも思いますけど。
 でも誰だこいつは!


デーリー・テレグラフ
「マクラーレン革命」で「最大の貴族がギロチンにかけられた」
「ベッカム時代の終わり」
タイムズ
「ベッカムは歴史上の男」

*両紙とも、復帰に含みを持たせた新監督の発言は、社交辞令と解釈。
 復帰の可能性はゼロに近いというのが英メディアの大方の見方だそうです。


ちなみにマクラーレンが今回召集したイングランド代表メンバーですけど、
イタリアなんかに較べて、大幅に若返った感じはしません。(太字が若手か)
これではベッカムがショックを受けるのも 頷けます。

GK: ポール・ロビンソン(トッテナム)、クリス・カークランド(ウィガン)、ベン・フォスター(ワトフォード)

DF: アシュリー・コール(アーセナル)、ルーク・ヤング(チャールトン)、ウェイン・ブリッジ(チェルシー)、ジョン・テリー(チェルシー)、フィル・ネビル(エバートン)、ジェイミー・キャラガー(リバプールF、ウェズ・ブラウン (マンチェスター・ユナイテッド)、リオ・ファーディナンド(マンチェスター・ユナイテッド)、ガリー・ネビル(マンチェスター・ユナイテッド)、マイケル・ドーソン(トッテナム)

MF: オーウェン・ハーグリーブス(バイエルン)、フランク・ランパード(チェルシー)、ショーン・ライト・フィリップス(チェルシー)、スティーブン・ジェラード(リバプール)、キーラン・リチャードソン(マンチェスター・ユナイテッド)、スチュアート・ダウニング(ミドルスブラ)、アーロン・レノン(トッテナム)、ジャーメイン・ジェナス(トッテナム)

FW: ダレン・ベント(チャールトン)、ピーター・クラウチ(リバプール)、ジャーメイン・デフォー(トッテナム)、ディーン・アシュトン(ウェストハム)



結論:マクラ-レンはベッカムが嫌いだった!

トップフォームを維持している選手が自ら代表を退くことを表明していないのに、外されるケースは多々あることですけど(アルゼンチン代表のように)、今回のベッカム外しはあまりにも唐突だった気がします。
正直なところこのまま、代表が順調に行けば復帰はないんでしょうね。
しかし なんの問題も無いイングランド代表なんてある訳がありません。
事ある度にベッカム待望論とマクラーレン更迭論が同時に叫ばれるのでしょう。

個人的には まだ見たいぞ ベッカム
[PR]

by beckham306 | 2006-08-14 23:24 | 各国代表