アルゼンチンvsブラジル

エミレイツスタジアムで行われたこの試合 試合開始から親善試合と思えないくらいピリピリしたムードで思わずW杯を思い出しました。
アルゼンチンは比較的W杯の時のチームをベースにしている感じでしたが、ブラジルはw杯が大失敗だったこともあるんで刷新し易すかったんでしょうか大幅に入れ替えて若返ってきて顔を見ても名前が分からない選手結構いました。
ロナウジーニョはスタンドで観戦、カカはベンチスタートです。
試合は序盤から動きます。
アルゼンチンのFKのチャンスの直後ロビーニョの個人技というか視野の広いボールの持ち方から逆サイドのエラーノにパスが通りそれをGKの狭いサイドにあっさり決めました。
決めたのも凄いですがこのゴールは実質ロビーニョのものだと思いました。
ロビーニョってチョコマカした動きしか印象が無くて 初めて凄いなぁと実感しました(笑
カカのポジションが保証されないのも頷けるものがありました。
僕は名前も知りませんでしたエラーノはその後もゴールを決めてドゥンガを喜ばせました。
エラーノはシャフタールドネツクの選手だそうでCLの見所として注目かもしれません。

対するアルゼンチンはテベス、メッシの2トップそしてその後ろに司令塔リケルメというオシムジャパンでは決して見られそうにない古典的な布陣です。
期待を裏切らないレベルの高いパス回しが見られましたけど決まる雰囲気ありませんでしたね
メッシはいまいちでした。
テベスはハマると凄いんですけどねぇ
ところでテベスは髪型が垢抜けちゃって昔のままのほうが良いなぁと思うのは僕だけでしょうか?

話変わりますけどテベス、マスチェラーノのウエストハム行きはMSIという企業が絡んでるらしいですね。
ビッククラブに高く売るまでの暫定的な居場所として実績を積む為にウエストハムは移籍金の負担が0で選手への報酬も半分の負担で使用できる契約らしいです。
その代わりスタメンで起用することが条件らしいですし、それにより活躍することにより価値を高めてるんでしょう。
但し出て行く時もウエストハムには移籍金は入ってこないというスキームらしいです。
本当なら今後嫌な商売が蔓延りそうです。

結局終了間際に3点目をカカが穫ったそうでドゥンガ初勝利となりました。
アルゼンチンはリケルメ無しの布陣も平行して模索する必要性を感じました。

この試合後半は寝てしまったので殆ど見てません
当然その後のサウジ戦も見れませんでした・・・

にほんブログ村 サッカーブログへ
ブログランキング

[PR]

by beckham306 | 2006-09-04 21:41 | 各国代表