チェルシーvsリバプール

負けちゃいましたぁ
でも内容はエバートン戦に較べて、全然応援してあげたくなるものでした。
試合内容も、チェルシーより遥かに良かったと思います。

しかしジェラードの決定的なシュートは決まって欲しかったです。
原さんはツェフを褒めてましたけど、あれは動かなかったんじゃんなくて、動けなかっただけだと思いますけど・・・

ペナントは今まで遠慮してたのが、この試合積極的に自分のやりたいようにやってた気がしていよいよ本領発揮か?と期待して見てたのですが、彼のクロスは単調過ぎました。
チェルシー側も昨日のペナントは怖くなかったでしょうね
ルイガルがいれば・・と思いましたよ。
ジェラードは調子が上がってきたと感じましたが、新加入のメンバーとのリバプールらしい連携がまだまだで、時より見せる「違うんだよぉ」的な表情がまだこのチームに満足できてないことを感じました。
アロンソは久々にやる気満々でしたけど 彼はあんなもんじゃないことを知ってるので、早く輝きを取り戻して欲しいです。

そんな中で今のリバプールで無くてはならない存在はシソッコだと思ってます。
彼はヴィエラクラスにもう一歩のとこまで成長したんじゃないでしょうか。
奇しくもこの試合、相手に同じポジションではマケレレ、エッシェンと世界最高の二人が居たわけですけど、シソッコもその域にもう一歩で達することができるのではないでしょうか。
この試合 バラックに思いっきり踏まれてましたけど・・

そしてカイトですけど、相手にとって最も脅威であろう彼を活かすチームになってませんよね。
彼はよく我慢してやってると思います。
ゴール前でカイトとジェラードの素晴らしい連携がありましたけど最後で息があわなかったケースが早くスムーズになればリバプールらしい得点シーンが数多く見れる思うのですが・・
べラミーに替わって入ったクラウチは相手にしてみれば怖さ半減だったでしょうね。
事実 決定的なとこで ヘナちょこヘディングでしたし・・
彼すっかり存在感無くなりましたねぇ 代表一筋でしょうか
このままでは粕谷の思う壺だぞ

DFはヒーピア抜きが基本形になりそうですね。

この日のチェルシーはドログバの瞬間芸だけでしたけど、バラック、シェバが居なくなってからは、これぞチェルシー!って感じに変わりました。
途中で出てきたロッペンは存在感ありますね。
これでジョーコールが帰ってきてサイドから切り裂く攻撃が炸裂したらバラック、シェバはいないほうが良いってことになるんじゃないですか?
この二人 契約に出場確約が書いてあるのかもしれないですけど、このままだと本当にチームのブレーキになっちゃうような気がします。
この二人 顔の表情も晴れ晴れしてませんしね つらそ

ブラルースってわざわざチェルシーが獲るほどのDFですか?

にほんブログ村 サッカーブログへ
人気blogランキングへ
[PR]

by beckham306 | 2006-09-18 10:39 | 欧州各国リーグ戦